クラウド会計ソフトとのセットでお客様に提案してます・高敏晴会計事務所様のケース

高敏晴会計事務所 | 公認会計士・税理士・医療経営士 高敏晴 様
業種 :会計事務所
サイト:http://ko-cpa.com/
主な会計ソフト:freee

interview-koh-02

会計士とはお客様の軍師であるべきだと考えています

学生時代に三国志を読んで、私は軍師のような仕事をしようと決めて、公認会計士と税理士の資格を得ました。大学卒業後は大手監査法人に就職して主にベンチャーのファイナンスを支援していたのですが、その時に一般的な会計士のあり方について強く疑問を持つようになりました。日常のルーチンをまわしているだけでは、決してお客様の経営を後押ししたとは言えません。

最近はクラウド会計ソフトなども登場し、お客様がより手軽に専門ツールに触れられるようになりました。つまり、会計士としての差別化がより一層問われるようになってきています。そのため、これからの会計士は積極的にITを使いこなし、むしろお客様にIT導入を提案して効率化をリードしていくべきだと考えています。そうした中でも時間や場所を選ばない「業務のクラウド化」は非常に重要なキーワードです。

interview-koh-03

クラウド会計ソフトとSTREAMEDのセット提案

私の場合は、新規での法人設立をご希望のお客様には「クラウド会計ソフト」と「STREAMED」をセットで提案しています。お客さまの状況に応じて、従来通り領収書などを預かって私がスキャンしてデータ化する場合と、お客さまにスキャナをお渡しし、ご自身で毎月スキャンだけしてもらってデータをクラウド上で確認する場合があります。

ご自身でスキャンいただく場合でもとてもお客さまに喜ばれます。ただでさえ忙しい経営者の方にとって経費精算や記帳は苦痛以外のなにものでもありません。もちろん、日々のお金の流れを把握することはとても重要なことですが、それと時間と労力をかけることは別です。それが毎月領収書をスキャンするだけで済むのであれば、入力する手間も、仕訳であれこれ悩む必要もなくなります。経営者は出てきたデータを分析して戦略を考える時間に多くを割くべきです。

interview-koh

ルーチンを自動化し、コンサルティングで付加価値を作る

私の会計士としてのスタイルとしても、ルーチンはできるかぎり自動化しつつ、お客様へのコンサルティングで付加価値を付けていきたいと考えています。そのため、クラウド会計ソフトとSTREAMEDの組み合わせは、なくてはならないツールになっています。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

今すぐ無料で試したい方はこちら。