STREAMEDアップローダーで領収書をスキャンして自動データ化する際に、事前に勘定科目・補助科目を指定して自動データ化することができます。(その場合も自動データ化の料金は変わりません。)

アップローダーを起動し「取り込み > 領収書」を押すと、借方・貸方勘定科目が表示されます。標準では借方勘定科目は「自動判定」になっています。これはSTREAMEDの仕訳判定システムにおまかせするという設定です。自動判定ではなく、あらかじめ勘定科目を指定したい場合は「自動判定」を押して変更します。

help-SetCategory-01

 

このように勘定科目を選択することができます。

help-SetCategory-02

 

なお、新規で勘定科目を追加したい場合は、先にウェブ版で設定をしてください。

参照:勘定科目・補助科目の追加

※ウェブ版で勘定科目を追加した直後で、アップローダーに反映されない場合は、「ホーム」に戻って「同期」を押すとウェブ版で追加した勘定科目が反映されます。

 

 

同じ要領で、補助科目を事前に指定することも可能です。こちらも、まずはウェブ版にて設定をすると、アップローダーで選択できるようになります。

 

help-SetCategory-03