自動データ化後の経費は内容を確認して編集することができます。

勘定科目は一覧画面でも変更ができますが、それ以外に編集したい場合は、経費をクリックして詳細画面を開きます。
(下図の画面は会計事務所プランです)

 

詳細画面で内容を編集することができます。データ化される項目は、領収書に記載されている支払先、日付、合計金額と、勘定科目です。

 

なお、勘定科目を変更すると、次から同じ支払先の領収書を自動データ化した際に、同じ勘定科目が登録されるようになります。

「メモ」は忘れないように記入する記入欄で、出力対象外です。

※会計事務所プランの場合は、更に補助科目と貸方勘定科目が編集できます。

 

編集が終わったら保存ボタンを押して完了です。