勘定科目・補助科目インポート

SETUP

カテゴリー:会計ソフト・勘定科目の設定

勘定科目・補助科目のインポート機能をご利用頂くと、会計ソフトから出力した仕訳データをもとに勘定科目・補助科目の一括登録が可能です。

インポート方法には、ご利用の会計ソフトに合わせて以下の2パターンがございます。

 

【弥生会計をご利用の場合】
弥生会計から出力された「仕訳日記帳」をインポートすることで、勘定科目・補助科目を取り込むことができます。

【その他の会計ソフトをご利用の場合】
「STREAMED科目インポート形式」にご利用の会計ソフトから出力した勘定科目・補助科目をそれぞれの項目に合わせて貼り付け、取り込むことができます。

 

インポートのご利用方法

1.[設定] – [勘定科目/税区分]を開き[勘定科目・補助科目インポート]を選択します。

help-categoryimport-01

2.①取り込むファイルの形式、②対象のファイルを選択して③次へ押してください。

ご利用になりたいファイル形式が選択肢に無い場合は「STREAMED 科目インポート形式」に合わせたCSVファイルを作成していただく事で一括登録する事が可能です。

STREAMED 科目インポート形式の詳細はこちら

3.追加、更新される勘定科目が一覧で表示されます。内容を確認し「OK」を押すとインポートが完了します。

help-categoryimport-05

 

 

 

 

STREAMED  科目インポート形式

「STREAMED 科目インポート形式」のテンプレートを下記からダウンロードしてご利用ください。

テンプレート(勘定科目のみ)

テンプレート(補助科目つき)

 

STREAMED標準help-category-import

 

ヘルプセンターのトップに戻る