会計大将への取り込み

STREAMEDからCSVデータを出力し、会計大将に取り込む手順をご説明します。

こちらを参考に、会計ソフト形式を選んでCSV出力してください。

※ただし、インポート用の「汎用データ交換」という機能は会計大将でのオプション機能となりますので、こちらを導入されていない方はご利用できません。ご注意ください。

 

会計大将を立ち上げます。

help-mjs-1

 

上部タブで「4.データ連動」に切り替えます。

help-mjs-2

 

左のメニューから「3.汎用データ交換」を選択します。

help-mjs-3

 

右の操作メニューから「12 インポート導入処理」を選択します。

 

help-mjs-4

 

インポート導入処理画面に切り替わります。
左の「仕訳情報」から「標準パターン」を選択しておきます。

help-mjs-6

 

「汎用データ交換」の画面に戻り、「11 インポート処理」を選択します。
help-mjs-5

STREAMEDから出力したファイルを指定し、必要に応じて対象月の選択をします。
問題なければ、そのまま「処理開始」に進みます。

help-mjs-7