クラウド会計ソフトfreeeへの取り込み


対象:プロプラン、プロプラン・ライト、会計事務所プラン

STREAMEDからCSVデータを出力し、会計ソフトに取り込む手順をご説明します。

こちらを参考に、会計ソフト形式を選んでCSV出力してください。

 

次に、クラウド会計ソフトfreeeでメニューの「取引」から「取引を登録」を選択します。

freee-01-1024x678

 

画面右側の三本線のボタンを押して「取引データのインポート」を選択します。

freee-02-1024x678

 

「2.CSVファイルのアップロード」で、先ほどSTREAMEDからfreee形式で出力したCSVを選択します。

freee-03-1024x678

 

STREAMEDの経費データ一覧が表示されるので「登録する」ボタンを押します。

freee-04-1024x678

 

しばらく待って、インポート済みになったら完了です。これで、freeeにSTREAMEDの仕訳データを取り込むことができました。

freee-05-1024x678