STREAMEDからCSVデータを出力し、会計ソフトに取り込む手順をご説明します。

こちらを参考に、会計ソフト形式を選んでCSV出力してください。

 

まず、「会計帳簿」から「仕訳帳」を開きます。

help-MF-2

 

仕訳帳が表示されたら、「インポート」ボタンを押して、メニューから「仕訳帳」を選択します。

help-MF-3

 

インポート用のファイル選択画面が表示されますので、STREAMEDからMFクラウド形式で出力しておいたCSVファイルを選択します。

help-MF-4

 

「インポート」ボタンを押します。

help-MF-5

 

インポート前の確認画面が表示されます。
内容に問題がなければ「確認」ボタンを押します。

help-MF-6

 

自動的に画面が切り替わり、取り込みに問題がなければ以下の画面が表示されます。
※エラーが発生した場合は、データの中の日付がMFクラウドの会計年度と合っているかご確認ください。

ここでも念のため仕訳データを確認した上で「保存」を押すと、仕訳帳へのインポートが完了します。

help-MF-7

 

仕訳帳を表示すると、「インポート」が成功したものにはタグが追加されて表示されます。
ここで問題無くインポートが完了したかの確認が行えます。

help-MF-8

 

これで、MFクラウド会計にSTREAMEDの仕訳データを取り込むことができました。