「YAYOI SMART CONNECT」を通じて弥生シリーズにデータ出力する

INDIVIDUAL

カテゴリー:個人事業主向け(フリープラン/プロプラン・ライト/プロプラン)

STREAMEDで記録した経費は、弥生シリーズに「YAYOI SMART CONNECT」という外部連携サービスを使って、直接データを出力することができます。ここでは、YAYOI SMART CONNECTの登録、勘定科目の関連付け、データの出力方法について説明します。

1. 弥生側でのアカウント登録
2. 弥生側でのセッティング
3. STREAMEDから出力
4. 弥生側で受信

 

 

 

1. 弥生アプリの導入

現在、YAYOI SMART CONNECTが対応しているのは、下記の弥生シリーズです。STREAMEDとのデータ連係をするためには、事前にデスクトップアプリの購入やオンラインアプリのサービス契約をおこなってください。

デスクトップアプリの場合、弥生IDの取得も必要です。

弥生会計(デスクトップアプリ)
弥生会計オンライン
やよいの青色申告オンライン
やよいの白色申告オンライン

 

 

 

2. STREAMEDから出力

STREAMEDからYAYOI SMART CONNECTに接続しましょう。

まず、STREAMEDにログインして、「設定 >勘定科目/税区分 」を開きます。

help-smartconnect-1

 

次に、出力形式で「弥生シリーズ」を選択したうえで、「連携」ボタンを押します。

 

すると、弥生側でのログイン画面が表示されるので、「弥生側のメールアドレスとパスワード」を入れてログインします。

YAYOISMARTCONNECT-05

 

STREAMEDとの連携の確認画面が出たら「同意の上連携する」をクリックします。

YAYOISMARTCONNECT-06

 

画面が再びSTREAMEDに戻り、弥生側との勘定科目の対応表が表示されます。

中に赤く表示されている項目はSTREAMED側にあって弥生側にはない科目なので、もしこの科目を使っている場合は、「編集」をクリックして何らかの勘定科目を選択するか、分からない場合は選択肢から「システム > 未確定勘定」を設定しておきます。

help-smartconnect-2

 

次に「出力」をクリックして、弥生シリーズに出力する経費をまとめます。

まだ出力していない経費が自動的にリストアップされるので、不要なものはチェックボックスにチェックをいれると出現する「選択した経費を除外」というボタンをクリックしてリストから除外します。

また、YAYOI SMART CONNECTでは1回につき100件までしか出力できないため、100件を超える場合は同じようにチェックボックスにチェックを入れて除外し、100件以下になるように出力を複数に分けましょう。

出力する内容が問題無ければ「弥生に送信」をクリックしてください。

help-smartconnect-3

 

 

 

3. 弥生側で受信

ここでは『やよいの青色申告 オンライン』を使って説明します。

[メインメニュー]の[スマート取引取込]をクリックしてください。

 

YAYOISMARTCONNECT-11

 

先ほどSTREAMEDで出力した経費の一覧が表示されます。もし、勘定科目の対応表で設定した科目とは異なる科目が表示されている場合は、科目名を直接クリックして修正してください。

修正が終わったら「内容を確認」をクリックしましょう。

 

仕訳一覧の画面に遷移しますので、「確定する」をクリックします。

 

これで弥生側への取り込みが完了しました。

YAYOISMARTCONNECT-15

 

YAYOI SMART CONNECTの操作方法について不明なことは以下のページを併せてご覧ください。

やよいオンラインサポート「スマート取引取込」で取引を取り込む

やよいの青色申告オンライン:http://support.yayoi-kk.co.jp/product/aoiro_ol/smart_m.html
やよいの白色申告オンライン:http://support.yayoi-kk.co.jp/product/shiroiro_ol/smart_m.html
弥生会計オンライン:http://support.yayoi-kk.co.jp/product/account_ol/smart_m.html
弥生会計(デスクトップアプリ):http://support.yayoi-kk.co.jp/product/account/smart_m.html

 

ヘルプセンターのトップに戻る