要確認マークをつけて仕訳チェックを効率化させる

EDIT-DATA

カテゴリー:データ編集

「1万円以上の旅費交通費は必ず目を通したい」
こうした自動データ化後の仕訳確認を効率的に行うため、ルールを決めて「要確認マーク(黄色い三角形)を付ける方法をご説明します。「要確認マーク」のついているものを重点的に確認すればよくなるので、毎月の仕訳の確認が便利に楽になります。

 

「設定 > 要確認マーク設定」を開きます。

Help-Invitation-021

 

続いて新しいフィルタを追加しましょう。「フィルタ追加」を押してください。

 

金額と勘定科目を設定する画面が表示されます。例えば、1万円以上の旅費交通費に「要確認マーク」をつけたい場合は、このように金額のところで「10000」「以上」を選び、勘定科目で「旅費交通費」を選んで「OK」を押します。

 

経費リストで自動データ化後の仕訳を見てみると、このように先ほどの条件に当てはまる仕訳に「要確認マーク」が表示されています。

 

「要確認マーク」で絞り込みをすることもできます。

ここでは、先ほど登録した「1万円以上の旅費交通費」が抽出されました。

 

中身を開いて問題なければ「確認」を押すと「要確認マーク」が消えます。

ImportantMark-07

 

なお、日付・金額の同じものがアップロードされた場合には、デフォルトで「重複チェック」機能が作動します。
もし間違えてアップロードされた場合などには、片方を削除することで「重複マーク」を解消してください。
(たまたま同じ日付で同じ金額の領収書の場合には、詳細画面にて「確認」ボタンを押して解消してください。)

ImportantMark-06

 

 

ヘルプセンターのトップに戻る