株式会社クラビス(住所:東京都渋谷区、代表取締役社長:菅藤達也)は経費管理を自動化するクラウドアプリ「ストリームド (Streamed)」を正式リリースしました。(http://streamedup.com

個人事業主および従業員100名以下の中小企業の97%が経費を紙やエクセルで管理しており、未だにシステムによる効率化がされていません。また、経費精算のためにかかる平均時間は月に4.2時間と、忙しいビジネスパーソンにとって無視できない時間が費やされています(※1)。経費精算が煩雑である原因は、領収書の入力や交通費の記録など、手入力による作業が多いことです。ストリームドは、こうした経費精算の手入力による煩雑さを解決するために開発した、独自の自動化エンジンを搭載したクラウド経費管理アプリです。

領収書がある経費の場合は、スマートフォンのカメラやスキャナーで領収書の画像を取り込むだけで自動簡易仕訳ができます。ストリームドの自動化エンジンは、専用に構築した日本全国の企業データベースを用い、さらにOCRだけに頼らずオペレーターがダブルチェックするので、横向きや手書きの領収書でも正確にデータ化できます。また、支払先の業種に応じて、勘定科目を自動的に簡易仕訳する機能を搭載しているので、従来に比べて手間を圧倒的に短縮することができます。

領収書がない交通費の場合でも、駅すぱあとが提供する乗換案内「Roote」と連携した運賃検索エンジンによって正確に経費を記録できます(※2)。また、過去に記録した訪問先や駅名は履歴から選択できるので、手入力の必要がなくなりますし、2回目からは経費そのものをコピーするだけなので、これまで面倒だった交通費精算の手間を劇的に減らすことができます。

ストリームドは複雑なステップが不要で簡単に始めることができます。データはクラウドサーバーに保存され、常に同期しているので、外出先ではスマートフォン、オフィスではパソコンといった使い方ができます。また、CSV形式で出力してエクセルで開くことができるので、会社の経費精算書にコピーするなど、既存のフローを変えずに個人で利用することも可能です。

現在は無料でご利用いただける「フリープラン」のみご提供しています。フリープランでは、新規登録時に10枚の領収書を自動仕訳できます。また、登録後のアンケートにお答えいただくことで、30枚分の自動仕訳チケットを無料で差し上げています。

ストリームドは今後も、領収書をたくさんデータ化したいという方のためのプロフェッショナルプランや、多人数で経費を管理するためのコーポレートプランなどをリリースする予定です。

参考情報:機能紹介

  • 独自の自動化エンジンによって領収書を撮影するだけで自動簡易仕訳が可能
  • 交通費は駅すぱあとの乗換案内との連携で正確な交通費の運賃検索が可能
  • 過去の交通費の複製機能で手入力ストレスを最小化
  • クラウドアプリなのでスマートフォンでもパソコンでも同じ情報が確認できる
  • CSV出力してエクセルでいつもの経費精算フォーマットにコピペ可能
  • 無料で使うことができる