STREAMED - YAYOI SMART CONNECT

7月13日より、クラウド経費精算のSTREAMEDが、「YAYOI SMART CONNECT」を通じた「弥生シリーズ」とのデータ連係を開始しました。この連係によって、STREAMEDのスマホアプリで撮影した領収書を自動データ化し、弥生シリーズにそのまま読み込めるようになります。

 

使い方は簡単。領収書をSTREAMEDのスマートフォンアプリで撮影すると、1営業日以内にオペレーターがデータ化して返してくれます。目で見て作業をしているので、手書きの領収書でも正確にデータ化できます。

use-04-receipt

 

データはパソコンでチェックして仕訳を変更できます。フィルタを使って絞り込み検索したり、一括してまとめて編集も可能です。

領収書 保管方法 - STREAMED(ストリームド)

 

STREAMEDとYAYOI SMART CONNECTへの接続はとても簡単です。

ysc-02

 

接続後、お互いの勘定科目の突き合わせを確認したら、そのままダイレクトにデータを弥生シリーズに送信できます。

YAYOISMARTCONNECT

なお、現在は「やよいの青色申告オンライン」と「やよいの白色申告オンライン」に対応しており、今後、弥生シリーズの他のサービスにも対応していきます。

詳しい手順はこちらを参照ください。
「YAYOI SMART CONNECT」を通じて弥生シリーズにデータ出力する

 

参考

「YAYOI SMART CONNECT」サイト
「弥生シリーズ」サイト