「STREAMED」は世界最大手のクラウド経費精算ソフト「Concur Travel & Expense」との連携を発表しました。

コンカーのシステムは、大手企業を中心に導入され、国内でもシェアNo.1を持つクラウド経費精算システムです。コンカーの新たな展開として、「Concur App Center」というオープンプラットフォームがスタートします。これは、他社のサービスがコンカーと相互連携し、多様なシーンから経費情報がコンカーに集約されるというものです。

当社の「STREAMED」も「Concur App Center」と連携することになります。コンカーの利用者は、手書きの領収書でも「STREAMED」で撮影するだけで、自動データ化されいつの間にかコンカーに経費として登録されます。スマホで撮影するだけで経費登録できるので、もう以前のような手入力には戻れなくなることでしょう。

speach

会場は日本外国特派員協会で、代表の菅藤がSTREAMEDのご紹介と簡単なデモンストレーションを披露させて頂きました。

最後の記念撮影、当社代表の菅藤は左から二番目。一番左は北米コンカーのファウンダーのSingh氏、中央の青いネクタイの方がコンカー日本代表の三村氏、右から3番目が北米コンカー代表のElena氏です。

コンカー&STREAMEDの連携は11月中旬を予定しています。コンカー利用者であれば、月々300円から、ストレスフリーな経費精算をご利用いただけます。