経理担当者の記帳作業を自動化・クラウド記帳ソフト「STREAMED 経理プラン」販売開始

株式会社クラビス(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:菅藤 達也、 以下 クラビス)は、 本日、 クラウド記帳ソフト「STREAMED(ストリームド)」の一般企業の経理担当者向けプランとなる「STREAMED 経理プラン」を発表し、 販売を開始しました。

毎月月初に繰り返し発生する、 経理担当者の記帳作業を自動化することで、 企業のバックオフィスの生産性向上に貢献していきます。

サービスの概要

ホワイトカラーの生産性向上は重要なテーマですが、 基幹業務はシステム変更のためのハードルが高く、 会計業務では未だに多くの取引や社内申請が紙で行われています。 そのため、 企業の経理担当者は、 紙を見ながら確認し、 データを入力する非生産的な作業に追われてしまいます。

「STREAMED」は、 レシートや領収書などをスキャナで取り込むだけで仕訳データに変換できるクラウドソフトです。 オペレーターが目で見てチェックしているので、 手書きの領収書でも99.9%正確にデータ化できるため、 一般企業における経費精算ツールや、 会計事務所における記帳代行ツールとして活用されています。

今回販売を開始する「STREAMED 経理プラン」は、 一般企業における経理業務を効率化するために開発されました。 経費精算で扱われるレシートや領収書だけでなく、 取引先から受け取った請求書や、 自社で管理している通帳、 または現金出納帳やクレジットカードの明細書をスキャンするだけで仕訳データに変換できます。 データはパソコン画面で編集でき、 国内の主要な会計ソフト形式でCSVデータを出力できます。

光学式文字認識(OCR)に依存せず、 全ての書類をオペレーターがチェックしているため正確なデータが生成できるだけでなく、 これまで多くの会計事務所に導入されてきたノウハウを活かし、 経理担当者が日常的に行うチェックのルールを自動化できるため、 毎月の記帳作業の時間を大幅に軽減できます。 また、 国内の主要な会計ソフトに対応しているため、 過去の会計データを喪失するリスクもなく手軽に導入できます。

クラビスは今後も経理業務を自動化するクラウドサービス開発を通じて、 企業の生産性向上に貢献してまいります。

ご利用イメージ

corporationaccounting

STREAMED一般企業プラン(経理プランβ)
http://streamedup.com/corporation