各出力形式における注意事項

下記の会計ソフトについては出力の際にご注意いただく必要があります。

弥生シリーズ

「YAYOI SMART CONNECT」が利用できるのは、個人事業主向け(プロプラン、プロプラン・ライト、フリープラン)のみです。
会計事務所プラン、経理プランβではご利用いただけませんので、あらかじめご了承いただけますと幸いです。

 

クラウド会計ソフト freee

STREAMEDのfreee形式で対応しているのは、現金データ(「取引データのインポート」から取り込むデータ)のみです。
口座データのインポートについては対応をしておりませんので、一度別の会計ソフトの形式で出力されたものを「エクセルインポート」機能を使って取り込んでいただく必要があります。

 

TKC FXシリーズ/MXシリーズ

取引先管理が必要な「買掛金」「売掛金」「未払金」の場合は、TKCの取引先をSTREAMEDの補助科目として登録してご利用ください。
設定した補助科目は出力時に「取引先」の列に出力されます。