【開催報告】STREAMED主催 会計事務所 AIサミット

OTHER

2017.11.28|その他のお知らせ

【開催報告】STREAMED主催 会計事務所 AIサミット

11月15日(水)、STREAMED主催の「会計事務所 AIサミット ~人工知能によって訪れる未来予想図~」を開催いたしました。

マネーフォワードグループへの参画を発表して初めての場となりましたため、冒頭では、弊社代表の菅藤と株式会社マネーフォワード執行役員である山田氏から、今回の発表に関するご報告をさせていただきました。

 

【基調講演】

〜ビジネスとアカデミア 双方の最前線を担うスピーカーが語る〜
『AIが会計シーンにもたらす未来とは』- 全てのビジネスパーソンが今こそ知るべき真実を徹底解説 –

データアーティスト株式会社 山本 覚 氏

山本氏は東京大学博士課程在籍時に松尾豊准教授の研究室で人工知能を専攻し、現在は大手企業を中心にAI(人工知能)とビッグデータを活用したコンサルティングとサービスを提供されています。

今回は「AIの変遷」を中心に、具体的事例を交えながら講演していただきました。
「AI」については、はっきりと説明できるという方は実はまだ少ないのではないでしょうか。この講演では、AIを活用して何ができるのか、AIの学習とはどういうものかを、事例を交えてわかりやすくご説明いただきました。日頃よく耳にするものの、意外と曖昧な解釈をしがちなAIについて、より理解を深めていただけたのではないでしょうか。

 

【第1部】

「会計業務のAI化」具体的なアプローチ

株式会社クラビス 代表 菅藤 達也 / 中村 俊輔 / 宮川健吾

 

弊社代表の菅藤からは、北米での税務申告でAIが活用されている現状から、日本の税務申告におけるAIの可能性、STREAMEDでのAI活用について講演させていただきました。
現在、STREAMEDではデータ入力の一部においてAIの活用を開始し、同時に人的入力による結果を”教師データ”とすることで、さらにAIの精度を高めてゆく研究開発に力を入れております。講演の中で、搭載しているAIが現状どのようなものか、開発者の中村・宮川より実演もさせていただきました。

 

【第2部】

座談会 / これからの会計事務所のあり方とは

渡邊浩滋総合事務所 代表 渡邊 浩滋 氏
髙敏晴会計事務所 代表 髙 敏晴 氏
柴山公認会計士税理士事務所 代表 柴山 政行 氏
一般社団法人中小企業税務経営研究協会 理事 大野 晃 氏
(進行)株式会社クラビス 取締役 CFO 竹田 正信

セミナー最後のコンテンツとなる第2部は、「これからの会計事務所のあり方とは」と題した座談会を行いました。
税務の専門家としての枠だけに止まらず、ビジネスの本質を理解し、自ら実践し、そして顧問先や 顧客(⽣徒)に対して、具体的な経営や成⻑の⽀援を⾏なっている税理士の皆様に登壇いただき、基調講演でのAIの進展、第1部で紹介した北米の税務申告の現状についての所感から、AIの進展によるそれぞれの事務所の業務に関連してのご意見まで幅広くお話いただきました。

 

今回の講演では、一貫してAIの会計業界への進展が必然のものであることが示されたと思います。
ご紹介したSTREAMEDの「データ入力におけるAI活用」をはじめとした業務効率化シーンではもちろんのこと、確認や判断などといった上位工程の業務にもAIが活躍する現実が間近に迫っているようです。

このような進展を正しく理解し、事務所の新たな力として迎え入れ、上手に活用してゆくことがポイントになりそうです。

STREAMEDは、今後もAIの研究開発を進めるとともに、有益な情報提供も行いながら、会計事務所の皆様がより価値ある業務に取り組み、顧問先企業とともに、さらに力強く発展してゆくお手伝いをさせていただけたらと思っております。