2016年6月の主な変更点をお知らせいたします。

  1. 詳細画面に入らなくとも、仕訳データ一覧画面で学習を適用できるようになりました。
    (一覧にて水色の学習アイコンをクリックするだけで、学習内容を適用可能に。)(※1)
  2. 絞り込みフィルタで、「出力済」「出力対象外」を追加。
  3. 出力時に勘定科目での絞り込みが可能に。
  4. [通帳]相手勘定で補助科目を追加可能に。(※2)
  5. [通帳]銀行名の先頭一致での自動絞り込み機能を追加。(※3)

 

(※1)一覧画面での学習内容適用

 

すでに学習済みのもので異なる勘定科目が指定されている場合は、水色の学習ボタンが表示されます。

 

update-201606-1a

 

念のため水色の学習ボタンにカーソルを合わせると、学習内容が表示されます。

update-201606-1b

 

そのまま水色の学習ボタンをクリックすると、学習内容を適用する表示が出現します。

適用してよければ「OK」を押します。

update-201606-1c

 

学習内容を適用すると、勘定科目が設定した内容に変更されます。
学習ボタンは水色から黒になりますので、これで学習内容が適用されたということになります。

update-201606-1d


(※2)[通帳]相手勘定の補助科目追加

update-201606-2

 


(※3)銀行名の絞り込み機能

update-201606-3