【スキャンセンター】開業初期からの導入で、事業成長の土台作りを | STREAMED(ストリームド)

「【スキャンセンター】
開業初期からの導入で、事業成長の土台作りを」

近江会計事務所様のケース

近江卓 様 - 01

2023年に記帳代行会社、そしてその翌年に会計事務所を開業された近江会計事務所様。開業当初より、STREAMEDとスキャンセンターのサービスをご導入いただいた近江先生に、ご活用のポイントをお伺いしました。

STREAMEDとスキャンセンターの導入の背景を教えて下さい。

昔、会計事務所に勤めていたときに、記帳業務はもっと簡単にできたら良いなという印象があったので、独立した当初から、記帳業務はできるだけ効率化しようと考えていました。
また、ターゲット層としていたのが、レシートがたくさんある個人のお客様だったこともあり、人を雇わずにツールの導入を決めました。
いまは、すべてのお客様でSTREAMEDとスキャンセンターを利用しており、資料はスキャンセンターへ直接送ってもらっています。一部、極端に資料の枚数が少ないお客様には、STREAMEDのアプリを使って直接アップロードしてもらっています

スキャンセンターを顧問先様へどのように案内していますか。

お客様とご契約する時に、スキャンセンターの説明用の資料を少しカスタムしたものと、QRコードをつけたファイルとスキャンセンターの宛名シールをお送りしています。お客様は、それに従って対応していただくだけの状況になっています。

提出する際の分類ですが、基本的には「レシート」と「その他」の2種類だけにしています。クレジットカードや通帳については、マネーフォワード クラウド会計にて連携をしているため、紙資料のほとんどが領収書です。

近江卓 様 - 02

とてもシンプルでわかりやすいですね。スキャンセンターをご案内されるにあたって、苦労した点はありますか。

もともと案内用の資料テンプレートも用意されていましたし、お客様からネガティブな反応もなくすんなり対応していただいているので、特に困ることはありませんでした。

導入当初から特段不安もなかったとのことですが、うまくいった要因は何だと思いますか?

「とりあえずやってみる」という気持ちかもしれません。とりあえずやってみて、コストが見合わなければサービスは解約すればいいだけかなと考えていました。

ご事務所としてこれから取り組まれていくことやテーマはありますか?

まだまだお客様を増やしていくことがテーマです。お客様が増えるごとに、STREAMEDやスキャンセンターのサービスの恩恵をもっと受けられると思っているので、まずは法人のお客様も含めて集客をしていきたいと考えています。


※現在、当社では「ファイル作成代行サービス」にて、スキャンセンター送付用の一式を作成・送付するサービスをご提供しています。
詳しくはこちらから

近江会計事務所近江卓 様

業種:税理士事務所
所在地:東京都江東区高橋14-16

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

会計事務所プランを現在ご利用中の方のお問い合わせ先

050-5434-8299

会計事務所プランのご利用を検討中の方のお問い合わせ先

03-6682-2657

※受付時間:10:00~12:00、13:00~18:00
(土・日・祝を除きます)