【STREAMED】アップデートのお知らせ(2022年11月) | STREAMED(ストリームド)

サービスに関するお知らせ

【STREAMED】アップデートのお知らせ(2022年11月)

2022.11.11

※機能リリースがあり次第、随時更新してまいります。

  1. (1)出力形式が会計王の場合にIDが補助摘要に出力されるようになりました
    (電子帳簿保存法の設定がONの場合)
  2. (2)ヘルプセンターをアップデートしました
  3. (3)顧問先の検索がスムーズになりました
  4. (4)税区分インポート機能の改善をしました
  5. (5)領収書・請求書・医療費のPDF出力順を改善しました

(1)出力形式が会計王の場合にIDが補助摘要に出力されるようになりました(電子帳簿保存法の設定がONの場合)

電子帳簿保存法の設定をしていない場合は、会計王の摘要の文字数の上限である15文字を超えたものは補助摘要に入るように出力されていました。

変更前:電子帳簿保存法の設定をONにし、IDが付与される場合にはIDを優先して摘要にのみ出力されていました。

変更後:電子帳簿保存法の設定をONにした場合に補助摘要にIDが出力されるようになりました。補助摘要を利用しても上限に達する場合はIDが優先されて出力されます。

(2)ヘルプセンターをアップデートしました

(1)初めて使う方向けに「ご利用の流れ」をより目立つ上部に配置しました
(2)各プランによってヘルプセンターを別のページにしました
(3)ガイドの表示を変更し、より知りたい内容を探しやすくなりました

ぜひご活用ください。

ヘルプセンター

(3)顧問先の検索がスムーズになりました

顧問先一覧の画面で検索をする際に、半角・全角を区別せずに検索ができるようになりました。

顧問先検索画面

顧問先検索画面

(4)税区分インポート機能の改善をしました

コードを使う会計ソフトにおいて、税区分のインポート時に重複のエラーが出てインポートができない状況を改善しました。
具体的には重複と判定する条件を下記のように改善し、税区分インポートがスムーズにできるようになりました。
これにより同じ税区分名・同じ税区分コードでも税率コードが異なっていればインポートが可能です。

変更前:税区分名・税区分コード

変更後:税区分名・税区分コード・税率コード

税区分名・税区分コード・税率コードのすべてが重複している場合にエラーとなります。

※「税率」は重複の条件には含まれません

税区分インポート時の重複エラー

(5)領収書・請求書・医療費のPDF出力順を改善しました

仕訳一覧画面よりPDF出力をする際に、一覧画面の順番通りに出力ができるようになりました。
例えば日付順で出力したい場合は、一覧画面で「日付」の箇所をクリックしソート(昇順または降順)を行ってからPDF出力を行います。

PDFの出力順

仕訳一覧の並び順がそのままPDFの出力順になるため、日付だけなく科目等で並び替えた順番通りにPDF出力することも可能です。

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

会計事務所プランを現在ご利用中の方のお問い合わせ先

050-5434-8299

会計事務所プランのご利用を検討中の方のお問い合わせ先

050-5530-2623

※受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)