【STREAMED】クラウド会計ソフトfreeeとAPI連携できる機能をリリースいたします | STREAMED(ストリームド)

サービスに関するお知らせ

【STREAMED】クラウド会計ソフトfreeeとAPI連携できる機能をリリースいたします

2022.01.04

2022年1月6日にクラウド会計ソフトfreee(フリー)とAPI連携する機能をリリースいたします。

これまではSTREAMEDで仕訳をダウンロード後、freeeへ仕訳ファイルを取り込む方法のみでしたが、API連携を使うことで仕訳のダウンロードが不要となります。

より簡単にfreeeへ仕訳の取り込みができますので是非お試しください。

 

API連携とは?

STREAMEDと会計ソフトfreeeをクラウド上で連携する機能です。csvファイルを経由することなく、freeeに仕訳を取り込むことが可能です。

またfreeeでご利用の勘定科目も、STREAMEDへ同期が可能です。

freee 勘定科目の同期

freee データ連携の画面

 

料金について

API連携をご利用になる際に追加料金は発生いたしません。

対象プラン

会計事務所プラン、プレミアムプラン、ライト/ベーシックプラン

 

詳しい内容や操作方法についてはこちらの「クラウド会計ソフトfreee(フリー)とAPI連携する」というヘルプページにてご案内しておりますのでぜひご覧ください。

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

ご不明な点はお気軽にお電話ください。

050-5434-8299

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)