【STREAMED】アップデートのお知らせ(2021年4月) | STREAMED(ストリームド)

サービスに関するお知らせ

【STREAMED】アップデートのお知らせ(2021年4月)

2021.04.07

※機能リリースがあり次第、随時更新してまいります。

(1)請求書のデータ化において、「今回お買上額」をデータ化いたします(4/12(月)処理分より)

(2)総合振込一覧表のデータ化を開始しました(4/15より)

(3)ハイライト表示機能を追加しました

 

(1)請求書のデータ化において、「今回お買上額」をデータ化いたします(4/12(月)処理分より)

これまで請求書で金額の部分が以下のようなフォーマットの場合、前回繰越額を含めた「今回ご請求額」でデータ化をしておりましたが、データ化ルールを変更し、今後は「今回お買上額」をデータ化いたします。

また「今回お買上額」のみではなく、「当月お買上額」や「当月ご請求額」など様々なパターンにも対応いたします(ただし一部例外あり)。

請求書のデータ化箇所

※このデータ化ルールは4/12(月)の処理分より反映しますので、確実に「今回お買上額」でデータ化したい場合は4/12(月)以降にご依頼いただけますと幸いです。

詳しくはこちらのヘルプページをご覧ください。

請求書のデータ化条件

 

(2)総合振込一覧表のデータ化を開始しました(4/15より)

たくさんのご要望をいただいておりました、総合振込一覧表のデータ化を開始いたしました。

通帳やクレカ明細と同様に明細部分の1行につき1仕訳を作成いたします。ぜひお試しください。

概要は以下の通りです。

【開始日時】
2021年4月15日より
 
【データ化内容】
日付/振込先名/振込金額/勘定科目(/先方負担の手数料)
 
【料金】
1行につき20円(税込22円)
 
【アップロード方法】
通帳としてのアップロードではなく、新しく口座として登録する必要があります。
1.ウェブ版で顧問先を選択後、ホーム画面で「新規登録」を押します。証憑を「総合振込」と選択し、登録を行ってください。
 
2.アップローダーを立ち上げ、先ほど登録した総合振込の口座を選択し、アップローダーをしてください。
※アップローダーを立ち上げた際に「更新プログラム」が開始された場合は、必ず実行してください。
 
 
 
その他、詳しくはこちらのヘルプページをご覧ください。
 

(3)ハイライト表示機能を追加しました

通帳・クレカ明細・現金出納帳の仕訳編集画面にハイライト表示機能を追加いたしました。
これにより、現在どの行の仕訳を表示しているかわかりやすくなりました。
またこの機能はいつでもオン・オフが可能です。
 
 
ハイライト表示機能
 
ハイライト表示機能の切り替え
 
なおデータによっては、ハイライト表示機能をご利用いただけない場合がありますのでご了承ください。
  • 2021/3/12以前にアップロードしたデータ(2021/3/13以降にアップロードしたデータに反映します)
  • データ化の工程において行と列の指定ができなかったもの(データ化自体に影響はありません)
 
 

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

ご不明な点はお気軽にお電話ください。

050-5434-8299

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)