総合振込一覧表のデータ化 | STREAMED(ストリームド)

総合振込一覧表のデータ化

はじめに

通帳に明細が記載されない、下記のような総合振込の一覧表がデータ化可能です。
※現状のSTREAMEDの仕組み上データ化できないフォーマットはエラー返却する場合があります。

総合振込一覧の例

初めて依頼する場合は、以下の手順通りアップロード先となる口座設定をしていただき、画像をご依頼ください。
(ここではウェブ版での口座設定方法を案内します)

 

総合振込一覧のデータ化手順

STREAMEDウェブ版のホーム画面で「新規登録」ボタンを押します。

新規登録ボタン

設定画面が表示されますので、証憑は「総合振込」とし、各項目を設定してください。
(「通帳」と登録されても総合振込はデータ化ができません。必ず「総合振込」としての登録をしてください)

※手数料はアップロードされた総合振込一覧表に記載の通りに処理しますが、当方負担か先方負担かが不明な場合にどのように処理するかの指定が可能です。

総合振込の口座登録

このままウェブ版で画像をアップロードしたい場合は、設定をした口座の「アップロード」を押します。

総合振込の口座

アップローダーで画像をスキャン・アップロードしたい場合は、アップローダーを立ち上げ「取り込み>総合振込>設定した口座をクリック」としてください。

注意点

別の銀行の総合振込一覧表、または同じ銀行の口座でもフォーマットが異なる一覧表の場合は、その都度「新規登録」で口座設定をしてアップロードをしてください。
1つの口座に複数のフォーマットが混在していると、正しくデータ化ができません。

手数料の扱いについて

当方負担分と先方負担分が合わせて、総合振込時とは別に一括引き落としされることを想定した仕様となっております。
また、以下のように先方負担か当方負担かによってデータ化される仕訳が異なります。

※当方、先方の記載がない場合、または判断ができない場合は口座設定時にしている初期値に合わせてデータ化します。

当方負担の仕訳例

未払金 10,000 / 普通預金 10,000
(手数料分は作成しません)

先方負担の仕訳例

未払金 10,000 / 普通預金 9,450
          支払手数料 550
(手数料分を作成し、複合仕訳として返却します。
後日手数料が一括で引き落とされた際に 「支払手数料/普通預金」での仕訳が作成されることで、この分が相殺されます。)

 

当方負担の手数料を入力しない理由

多くの場合、当方負担と先方負担の手数料の合計が総合振込時とは別(通帳では別明細)に一括で引き落とされ、当方負担手数料はそこに含まれます。

こちらの仕組みについては今後お客様からのご意見を頂戴し改善してまいりたいと思いますので、ご意見・ご要望がございましたらサポートまでご連絡いただけますと幸いです。

仕訳の重複が発生する場合の対応

総合振込一覧表のデータ化を行ったうえでSTREAMEDで通帳のデータ化も行っている場合は、通帳側でも総合振込の仕訳が作成されますので、そのまま会計ソフトへ取り込みを行うと二重計上になってしまいます。

以下に2つの方法をご提案しますので、どちらかの対応をお願いできればと思います。

(1)通過勘定科目を使い重複を避ける

通過勘定科目として、「総合振込」等の名称で新しく勘定科目を作成します。
このようにすることで、以下に記載の通り「総合振込」の科目の金額が相殺されます。
総合振込の科目の残高が0であれば重複せず仕訳が切れていることになります。

総合振込の口座登録

通帳:
総合振込 ◯◯円/普通預金 ◯◯円


総合振込:
未払金 △△円/総合振込 △△円
未払金 △△円/総合振込 △△円
未払金 △△円/総合振込 △△円
未払金 △△円/総合振込 △△円


このようにすることで、「総合振込」の科目の金額で相殺されますので、通帳側に記載された総合振込の合計金額と総合振込一覧表の合計金額との突合ができます。

勘定科目の追加方法については下記のヘルプページをご覧ください。

勘定科目・補助科目の追加、変更、削除

(2)通帳に記帳された総合振込の仕訳を削除・または出力対象外とする

出力前に削除していただくか出力対象外の操作をしてください。
(会計ソフトにインポートした後、会計ソフト側でその1行を削除処理していただいても構いません)

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

ご不明な点はお気軽にお電話ください。

050-5434-8299

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)