データ化のキャンセル | STREAMED(ストリームド)

データ化のキャンセル

目次

はじめに

対象プラン:会計事務所プラン・プレミアムプラン

データ化のキャンセルはSTREAMEDウェブ版で行います。ウェブ版にログインをして以下の説明をご覧ください。
(アップローダーではキャンセル操作ができません)

アップロードした証憑種別によって操作が異なります。下記確認のうえ証憑に合わせて操作してください。

領収書・請求書のデータ化キャンセル

対象:領収書・請求書・医療費の領収書

キャンセルした場合の課金状況

アップロードした時点で料金が発生しています。キャンセルをした場合でも返金はされません。

キャンセルの操作手順

ここでは「領収書」のデータ化をキャンセルする方法を例にして案内します。
顧問先(事業所)の画面に入り、「領収書」>「一覧を開く」をクリックします。

ホーム画面

【1】仕訳編集画面からキャンセルする

仕訳一覧から「データ化中」となっている項目をクリックして詳細画面に入り「自動データ化キャンセル」のボタンをクリックします。

仕訳一覧画面

自動データ化キャンセル

【2】複数の画像を一括でキャンセルする

仕訳の一覧ページにて該当の項目にチェックを入れることで、複数の画像を一括でキャンセルできます。

仕訳一覧画面での複数選択

参考)項目行のチェックボックスをクリックすると、そのページに表示されているデータすべてにまとめてチェックがつきます。

仕訳一覧での一括選択

画像を削除する

キャンセルしたこの画像が不要でしたら、再度選択して「ゴミ箱」をクリックしてください。

ゴミ箱に移動する

通帳・クレカ明細などのデータ化キャンセル

対象:通帳・クレカ明細・現金出納帳・総合振込

キャンセルした場合の課金状況

データ化が完了した時点で料金が発生します。そのため、データ化が完了する前にキャンセルすれば料金はかかりません。

キャンセルの操作手順

ここでは「通帳」のデータ化をキャンセルする方法を例にして案内します。
顧問先(事業所)の画面に入り、「通帳」>「一覧を開く」をクリックします。

ホーム画面から一覧を開く(銀行)

キャンセルしたいページを探して、表示します。
データ化中のものがあれば「自動データ化中」の表示がありますので、こちらで「自動データ化キャンセル」ボタンを押してください。
※画像ごとに操作をする必要があります。

通帳のデータ化キャンセル

画像を削除する

キャンセルしたこの画像が不要でしたら「ゴミ箱」をクリックしてください。

ゴミ箱

伝票のデータ化キャンセル

対象:振替伝票・入出金伝票

キャンセルした場合の課金状況

データ化が完了した時点で料金が発生します。そのため、データ化が完了する前にキャンセルすれば料金はかかりません。

キャンセルの操作手順

ここでは「振替伝票」のデータ化をキャンセルする方法を例にして案内します。
顧問先(事業所)の画面に入り、「振替伝票」>「一覧を開く」をクリックします。

ホーム画面で一覧を開く

【1】仕訳編集画面からキャンセルする

仕訳一覧から「データ化中」となっている項目をクリックして詳細画面に入り「自動データ化キャンセル」のボタンをクリックします。

仕訳一覧画面 自動データ化キャンセル

【2】複数の画像を一括でキャンセルする

仕訳の一覧ページにて該当の項目にチェックを入れることで、複数の画像を一括でキャンセルできます。

仕訳一覧画面での複数選択

参考)項目行のチェックボックスをクリックすると、そのページに表示されているデータすべてにまとめてチェックがつきます。

仕訳一覧での一括選択

画像を削除する

キャンセルしたこの画像が不要でしたら、再度選択して「ゴミ箱」をクリックしてください。

画像をゴミ箱に移動する

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

会計事務所プランを現在ご利用中の方のお問い合わせ先

050-5434-8299

会計事務所プランのご利用を検討中の方のお問い合わせ先

050-5530-2623

※受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)