部門設定 | STREAMED(ストリームド)

部門設定

部門設定とは

STREAMEDでは、あらかじめ部門設定をしておくことで、仕訳ごとに部門を指定することが可能です。

データ化後に部門を指定・変更することはもちろん、アップローダーでのスキャン時に指定することもできます。

部門指定

部門は仕訳の詳細画面にて確認することが可能です。
上の画像はあらかじめ「管理部」という部署を基本の値として設定しており、それが反映されている状態です。

部門の設定方法

顧客選択後のホーム画面で「設定>部門」と進みます。

部門設定

画面右の「追加」ボタンをクリックします。

部門の追加

 

各項目を入力後、「OK」を押します(部門コードと検索キーは必須ではありません)。

部門設定

顧問先で使用する部門の初期値を指定する

部門を登録した後、設定したい部門にチェックを入れ「設定部門登録」をクリックすると、「設定部門」の列にチェックマークが入ります。
この操作をすることで、その顧問先の部門の初期値となります。
※この操作をしないと、仕訳の画面や学習の画面で「設定部門と同じ」を選択しても変化がありません。

設定部門の指定

設定部門

「設定部門」にチェックを入れることは、以下の場面で効果があります。

  • 「設定部門と同じ」が指定されている仕訳データ
  • 「設定部門と同じ」が指定されている学習
  • 「設定部門と同じ」が指定されている口座(カード・出納帳)設定

例えば「管理部」が設定部門となっている場合、仕訳データで部門の欄に「設定部門と同じ」が選択されていればデータ出力時に「管理部」が入ります。

 

仕訳ごとに細かく部門を変更しなければならない場合は、「設定部門」として登録はせず、登録した部門を都度指定していただくことを推奨します。
また、お客様の状況によっては部門ごとに顧問先登録をしていただき、それぞれの顧問先で「設定部門」を登録しておいていただくこともよろしいかと思います。

 

アップロードの際に部門を指定する

領収書、請求書の場合は、アップロード時に部門を指定することが可能です。

アップロード画面で指定してください。

※通帳・クレカ明細・現金出納帳については、アップロードのタイミングではなく、登録設定の画面で指定が可能です。

アップロード時の部門指定

部門を仕訳ごとに変更する(データ化後)

仕訳によって細やかに部門を変更することも可能です。

その場合は、仕訳編集画面の「部門」の箇所にあるプルダウンで変更します。

部門の変更

STREAMED(ストリームド)は、領収書・レシートや通帳をスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する「紙証憑の自動記帳サービス」です。

ご不明な点はお気軽にお電話ください。

050-5434-8299

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)