通帳等の入力指示ルール(期間指定) | STREAMED(ストリームド)

通帳等の入力指示ルール(期間指定)

目次

はじめに

対象プラン:会計事務所プラン・プレミアムプラン

通帳のページ内で一部を指定しデータ化するには、以下の2通りの方法があります。目的にあわせてそれぞれの項目をご覧ください。

  • アップロード時にPCの画面上で期間を指定する
  • スキャン前の証憑に手書きで入力箇所を書き込んで指定する

アップロード画面で期間を日付指定する

対象の証憑

  • 通帳

アップローダーでの操作

顧問先、または事業所をクリックした後「取り込み>通帳」の画面から該当の口座をクリックします。
「データ化する期間を指定する」で日付を指定した後に「ファイルを選択」または「スキャン」をクリックしてください。

通帳のアップロード画面

期間指定

ウェブ版での操作

顧問先、または事業所をクリックした後の画面で、アップロードしたい口座にある「アップロード」をクリックします。
アップロード画面が開いたら「データ化する期間を指定する」で日付を指定した後に「ファイル選択」をクリックしてください。

ウェブ版での期間指定

どちらの場合も、必ず日付を入力してから画像の取り込みをしてください。手順が逆になってしまうと無効になります。手書きの入力指示

手書きで入力箇所を指示する

データ化を依頼するページ内に入力不要なものが含まれる場合、この項目で案内するルールに従って指示を書き込んでください。
ルール外の書き込みの場合は対応できませんのでご注意ください。

対象の証憑

  • 通帳
  • クレカ明細
  • 現金出納帳
  • 総合振込
  • 振替伝票

(1)データ化不要な期間がある場合

手書き指示1 手書き指示2 手書き指示3

エラーになる指示例

エラー返却例

無効になる指示

矢印を使った指示

 

(2)行中に一部データ化不要な情報がある場合

一部に取消線があった場合、部分的にデータ化しない対応をすることができます。

  • 行中、金額以外に一部取消線が引かれている場合に当該箇所のデータ化は行わず、その他の部分のみデータ化します。
  • 行中、金額に取消線が引かれている場合その行はデータ化対象外と判断します。

 

以下は摘要以外の箇所を入力します。塗りつぶした部分がデータ化する内容です。
※クレカ明細の場合のみ、摘要欄に取り消し線を引く指示は適用されません。(システム上摘要欄に入力する文言がないとデータ化ができない仕様のため)

取り消し線以外のデータ化

以下のように金額に取り消し線を引くことで、その行は入力をしません。

行全体を入力しない 

アップロード画面での指示と手書きの指示を同時にした場合

アップロード画面での指示と手書き指示が両方ある場合は、それぞれを踏まえてデータ化します。
どちらの指示にも矛盾が無い場合は両方を踏まえてデータ化しますが、矛盾する場合はアップロード画面での指示が有効になります。

以下は、それぞれ塗りつぶした部分がデータ化される内容です。

手書き指示が無効になる場合2

手書き指示が無効になる場合1

どちらも有効の場合

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

会計事務所プランを現在ご利用中の方のお問い合わせ先

050-5434-8299

会計事務所プランのご利用を検討中の方のお問い合わせ先

050-5530-2623

※受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)