データを削除する | STREAMED(ストリームド)

データを削除する

STREAMEDでデータ化後にウェブ版でデータを削除する方法について説明いたします。

 

注意点

証憑ごとに削除の操作が異なります。

・領収書・請求書 :仕訳1件ずつ削除可能

・通帳・クレカ明細・現金出納帳 :仕訳1件ずつ削除ができず、ページ単位で削除となる

以下の説明をご確認のうえ操作をお試しください。

 

(1)領収書・請求書の場合

領収書の詳細画面を開きます。
画面の左下にある「ゴミ箱」をクリックします。

 

仕訳一覧(リスト表示)の画面から削除する場合(領収書・請求書)

仕訳の詳細画面を開かなくとも、仕訳の一覧ページにて該当の項目にチェックを入れ、「ゴミ箱へ移動」のボタンを押して削除することも可能です。

一番上のチェックボックスにチェックを入れると、そのページに表示されているデータすべてにまとめてチェックがつきます。

 

ゴミ箱のデータ

領収書・請求書のデータは一度ゴミ箱に入ります。
(ゴミ箱があるのは領収書・請求書のみです。通帳・クレカ明細・現金出納帳には用意されていません。)

ゴミ箱のデータを確認することができます。

仕訳データにチェックを入れると、一覧の方に「元に戻る」または「完全に削除」とすることができます。

 

(2)通帳・クレカ明細・現金出納帳の場合

通帳・クレカ明細・現金出納帳は仕訳ごとに削除することができず、ページ単位での削除となります。
どうしても不要な仕訳があるという場合は、最後に紹介する「出力対象外にする」という操作をお試しください。

 

データ一覧>それぞれの証憑を選択します。

こちらは通帳の例ですが、クレカ明細・現金出納帳も同じ仕様です。

該当の口座を選択(クリック)します。

 

キャンセルしたいページを探して、表示します。
表示した画面にある「削除」ボタンを押すことで、その画面にあるページ(仕訳全て)が削除となります。

 

「削除」を押すと、パスワードが求められます。削除するとデータを復元できませんので、メッセージをよく読んで実行してください。
パスワードは、ログイン時のパスワードをご入力ください。

 

ページの情報がすべて削除されます。

 

出力対象外にする

削除はページ単位でのみ行えます。
不要な行がある場合は、リスト表示に画面を切り替えて「出力対象外」とすることでご対応をお願いいたします。

リスト表示への切り替えについてご不明な場合はこちらのページをご参照ください。

 

   

ご不明な点はお気軽にお電話ください050-5434-8299受付時間:10:00~18:00(土・日・祝を除きます)