データを削除する | STREAMED(ストリームド)

データを削除する

目次

はじめに

会計事務所プラン、プレミアムプラン、ライト/ベーシックプラン

このページでは、データの削除方法を案内します。
証憑種別によって操作が異なりますので、ご確認の上、操作をお試しください。

領収書/請求書/振替伝票

(1)一覧画面からの削除

削除したい仕訳(行)選択し「ゴミ箱」を押します。

領収書・請求書の削除方法

(2)仕訳編集画面での削除

削除したい仕訳を開き「ゴミ箱」を押します。

仕訳編集画面での削除方法

ゴミ箱について

ゴミ箱に移動した仕訳の操作」の項目をご確認ください。

通帳/クレカ明細/現金出納帳/総合振込

(1)仕訳単位での削除

※削除すると元に戻せませんのでご注意ください

仕訳編集画面を開き「行を削除」を押します。
※「リスト表示」「ページ表示」の画面では「行を削除」機能は使えません。

行削除の方法

複数の仕訳を一括で削除したい場合

STREAMEDでは複数の仕訳を一括編集で削除することはできないため、不要な仕訳データは「ページ表示」または「リスト表示」の状態で一括編集で出力対象外にする方法をご活用ください。

ページ表示で出力対象外にする方法

リスト表示で出力対象外にする方法
出力対象外にすると、仕訳データをダウンロードした際に出力されません。また後から出力対象に戻すことも可能です。出力対象外について詳しくは下記のヘルプページをご覧ください。

出力対象外にする

(2)ページ単位での削除

削除したいページを開き「ゴミ箱」を押します。

通帳・クレカ明細・現金出納帳のページ削除

ゴミ箱について

ゴミ箱に移動した仕訳の操作」の項目をご確認ください。

(3)口座等ごと削除(※振替伝票も可)

※削除すると元に戻せませんのでご注意ください

ホーム画面にあるこちらの口座等ごとデータを削除することができます。

口座等に表示されている鉛筆マークをクリックします。
口座等ごと削除するために鉛筆マークをクリック

設定する画面を開くと右上に「削除」ボタンがあります。
こちらをクリックするとホーム画面から口座等ごと、そこに含まれるデータもまとめて削除することができます。

口座等ごと削除するボタン

パスワードの入力が求められます。
ログインパスワードを入力して「OK」を押すと削除が完了します。

ゴミ箱に移動した仕訳の操作

削除したものはゴミ箱に入ります。
ゴミ箱は証憑ごとに分かれています。

ゴミ箱に入っているデータにチェックを付けると「元に戻す」か「完全に削除」のボタンが出ます。

「元に戻す」と仕訳データの一覧に戻ります。
「完全に削除」を押すと完全に削除され、元に戻すことができなくなります。

 

電子帳簿保存法設定をONにしている顧問先について

STREAMEDでは、データの物理的削除処理は行っておらず、、論理的削除処理を行います。
電子帳簿保存法設定がONになっている事業者につきましては、その時点のデータを保持し、一覧画面から検索できるようにいたします。

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

会計事務所プランを現在ご利用中の方のお問い合わせ先

050-5434-8299

会計事務所プランのご利用を検討中の方のお問い合わせ先

050-5530-2623

※受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)