学習における完全一致と部分一致 | STREAMED(ストリームド)

学習における完全一致と部分一致

はじめに

ここでは学習の際の条件となる支払先(キーワード)の登録、主に「等しい」と「含む」についての詳しい案内をします。

完全一致(等しい)

「等しい」を選択することで、摘要欄にある文言が学習の際に設定したキーワードと完全に一致した場合に学習が適用されます。

学習登録画面

学習のキーワードは「シヤカイホケンリヨウ」です。(※見やすいよう全角カタカナで表現しています)

この学習が適用されるのは、仕訳の摘要欄が「シヤカイホケンリヨウ」の場合です。キーワードと摘要欄が全て一致している必要があります。

部分一致(含む)

「含む」を選択することで、学習の際に設定したキーワードが仕訳の摘要欄に含まれる場合に学習が適用されます。

 学習キーワード「●●●●●」

 仕訳の摘要欄「●●●●●△△△」

上記のような場合、学習キーワードの「●●●●●」が摘要欄に含まれています。そのため、部分一致となり学習が適用されます。

もう少し詳しく、下記を例に説明します。

たとえばこのように「トウキヨウガス 1ガツブン」という摘要欄があったとします。(※見やすいよう全角カタカナで表現しています)

学習登録画面

学習登録の時に、キーワードを調整します。

学習登録画面

「トウキヨウガス 1ガツブン」となっていた学習キーワードのうち「1ガツブン」を削除し、キーワードを「トウキヨウガス」だけにします。
また、これにあわせてキーワードの横にあるプルダウンから「含む」を選択します。

これで摘要欄に「トウキヨウガス」と入っていれば学習が適用されるようになります。
(「トウキヨウガス 2ガツブン」でも「トウキヨウガス 3ガツブン」でも適用されます)

キーワードの一致条件

参考:利用月の使い方

ちなみに「利用月」を指定すると「○月分」という表記が摘要欄に自動で挿入されるようになります。


ここでは「支払月」にしました。
料金の引き落としが1月のものであれば摘要欄は「東京ガス 1月分」、2月のものであれば「東京ガス 2月分」となります。

支払月の指定

上記の学習を適用させた仕訳データ

仕訳画面

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

ご不明な点はお気軽にお電話ください。

050-5434-8299

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)