既定のブラウザをGoogleChromeに変更する | STREAMED(ストリームド)

既定のブラウザをGoogleChromeに変更する

はじめに

こちらでは、規定のブラウザを変更する手順を案内いたします。

普段ご利用いただいているサービスで、規定ブラウザがInternetExplorerでないと使えないものがある場合は、都度InternetExplorerを立ち上げてご利用ください。

また、会計ソフトで申告が行えるものをご利用の場合、規定ブラウザがInternetExplorerでないと正常に操作できないことがあります。

そのため、電子申告システムをご利用の方は規定ブラウザをInternetExplorerから変更してよいか、事前に確認のうえ実施をご検討ください。

対応ブラウザ

STREAMEDは「GoogleChrome」でご利用ください。

「InternetExplorer」「MicrosoftEdge」は非対応となります。正常に表示されない、ダウンロードファイルに問題が起きる等ございますので、ご利用は控えていただけますと幸いです。

GoogleChromeのインストール

もしGoogleChromeをインストールされていない場合は、下記のサイトからダウンロードし、インストールを完了させてください。

GoogleChromeのアイコン

GoogleChromeをダウンロード

既定のブラウザを変更する

PCの設定で規定のブラウザが「MicrosoftEdge」になっている場合があります。
この場合、WEBサイトを開こうとすると「MicrosoftEdge」が立ち上がってしまいますので、下記の通り変更してください。

InternetExplorerを規定ブラウザとしてご利用中の方は、冒頭の「はじめに」で記載している内容をよく読んでから実施を検討してください。

Windows のスタートメニューを開き、設定 アイコンをクリックします。

Windowsマーク

設定メニュー

アプリ をクリックし、左ペインにある「 既定のアプリ」 を選択します。
Web ブラウザー の項目をクリックし「GoogleChrome」に変更します。

既定のアプリ設定

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

ご不明な点はお気軽にお電話ください。

050-5434-8299

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)