複合仕訳で返却されるデータについて | STREAMED(ストリームド)

複合仕訳で返却されるデータについて

STREAMEDでは軽減税率制度の開始以降、複数の税率が混在している領収書のデータ化に対応できるようになりました。

現在対応している税率は10%、8%、非課税の3種類です。

対応している税率だけが記載され、各税率に対する金額も記載された領収書の場合は、税率ごとの金額を複合仕訳にしてデータ化しています。

軽油税や宿泊税、ゴルフ場利用税など現在対応していない税も含まれている領収書の場合は、勘定科目「未確定」を含む複合仕訳としてデータ化します。

なお、複合仕訳としてデータ化されるのは領収日が2019年10月1日以降のものです。

▼対応している税率だけの領収書の場合

▼対応していない税も含まれている領収書の場合

勘定科目が「未確定」となった場合には、適切な勘定科目へご修正ください。

なお、アイコン欄に警告マークを表示し「未確定」の勘定科目があることをお知らせしています。

データを確認する際はアイコン欄もお役立てください。

 

よくあるお問い合わせ

以下の学習は作成できませんのでご注意ください。

・勘定科目が「未確定」だった場合に学習をしたい

・領収書の税区分が自動判定で10%・軽8%となった場合、税率ごとに科目や支払先・内容を学習したい

STREAMEDの学習機能は「学習キーワード(摘要)」に対して各項目を指定できる機能となり、勘定科目や税区分をキーワードとして学習を作成することができません。

データ化後に都度修正していただきますようお願いいたします。

   

ご不明な点はお気軽にお電話ください050-5434-8299受付時間:10:00~18:00(土・日・祝を除きます)