勘定科目・補助科目の追加、変更 | STREAMED(ストリームド)

勘定科目・補助科目の追加、変更

勘定科目・補助科目の追加

勘定科目の追加

(経理プラン、会計事務所プランの場合は該当の事業所(顧問先)の画面に入った状態で、)「設定 > 勘定科目/税区分」を選択します。

 

勘定科目・補助科目の設定画面

 

 

次に、「勘定科目追加」ボタンを押します。

科目追加ボタン

このように1行目に行が追加されるので、勘定科目名、税区分、検索キーを入力して「保存」を押します。

※検索キーとは、個別の仕訳を編集する際にキーボードの入力で簡単に勘定科目を選ぶことができるショートカット機能です。

 

科目名の入力

税区分の設定

 

 

補助科目の追加
(1)勘定科目設定画面から追加する

先に追加したい勘定科目をクリックして選び、「補助科目追加」ボタンを押します。

 

補助科目の追加

選んだ勘定科目の下に補助科目の行が追加されるので、名称、検索キーを入力して保存します。

 

補助科目の登録

 

(2)仕訳画面から補助科目を追加する

勘定科目設定画面からの操作ではなく、仕訳画面からの操作も可能です。
ただし、親となる勘定科目にあらかじめ1つ以上補助科目の登録がある場合に有効です。

 


勘定科目・補助科目の変更

(経理プラン、会計事務所プランの場合は該当の事業所(顧問先)の画面に入った状態で、)「設定 > 勘定科目/税区分」を選択します。

勘定科目・補助科目の設定画面

 

変更したい科目で右端にある「編集」ボタンを押します。

変更したい部分を操作した後、右端の「保存」ボタンを押します。

 


「削除」ボタンと「非表示」ボタンの違い

勘定科目は「削除」が可能なものと、削除はできないけれども仕訳選択で「非表示」とすることが可能なものとがあります。

 

 

削除が可能なもの:お客様が追加された勘定科目。

 

科目一覧の画面からの削除はできないが非表示が可能なもの:STREAMEDであらかじめご用意した勘定科目。
検索キーは変更できません。
(領収書の科目自動判定で割り当てられているため、システム的に削除ができない仕様となっています)

 

非表示にすると、下図のような仕訳選択の際には表示されなくなります。

 

   

ご不明な点はお気軽にお電話ください050-5434-8299受付時間:10:00~18:00(土・日・祝を除きます)