【スキャンセンター】資料の分類 | STREAMED(ストリームド)

【スキャンセンター】資料の分類

目次

はじめに

このページでは資料を送付する際の分類方法についてご案内します。
分類して送付、分類しないで送付する方法のそれぞれについてご確認ください。

資料送付時の分類とは

資料を分類して送付すると、納品や返却においても分類した状態で実施します。

  • 【お客様】資料を項目ごとに分けて提出していただく
  • 【スキャンデータの納品】Boxのフォルダにご指定の分類に従ってフォルダを作成し納品します
  • 【資料の返却】提出時の分類のまま返却します

分類の数

最大8分類です。
分類例は「分類して送付する場合」の項目をご覧ください。

分類名

自由に指定することができます。
提出時に記載した名称を「分類名」として扱い、Boxへのフォルダ追加の際にもこの名称で設定します。

分類して送付する場合

STREAMEDへのアップロードや会計ソフトへの取り込みを踏まえると、以下の分類例がお勧めです。

基本の分類を作成する

分類例

(1)現金領収書
(2)預金取引
(3)カード取引
(4)支払請求書
(5)その他

※最大で8分類可能ですので、上記例の場合あと3分類できる状態です。

⼝座関係の⼩分類を作成する

基本の分類をベースに、口座やクレジットカードの小分類を追加作成する例です。
この小分類の部分は「分類の数」には含まず、合計8分類可能です。

分類例

(1)現金領収書
(2)預金取引
  ├(2-1)〇〇銀行
  ├(2-2)△△銀行
  └(2-3)□□銀行
(3)カード取引
  ├(3-1)〇〇カード
  ├(3-2)△△カード
  └(3-3)□□カード
(4)支払請求書
(5)その他

※最大で8分類可能ですので、上記例の場合、小分類としてあと2分類できる状態です。

分類しない

分類せず、一つのファイルや袋などにまとめて入れて提出することは可能です。
※証憑が封筒などに入ったままにはせず、直接証憑が取り出せるような状態であること

この場合、すべて同一フォルダに納品・返却となります。

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

会計事務所プランを現在ご利用中の方のお問い合わせ先

050-5434-8299

会計事務所プランのご利用を検討中の方のお問い合わせ先

03-6682-2657

※受付時間:10:00~12:00、13:00~18:00
(土・日・祝を除きます)