現金出納帳のデータ化条件 | STREAMED(ストリームド)

現金出納帳のデータ化条件

データ化に必要な項目

現金出納帳のデータ化には、以下の必須項目があります。

  • 日付
  • 金額
  • 摘要
  • (勘定科目) ※

※勘定科目は記載がなくともデータ化自体は可能です。また、記載があった場合は次項の条件を基本として入力いたします。

なお、「残高」項目は無くてもデータ化可能です。

 

勘定科目の入力について

勘定科目の入力は、あらかじめSTREAMEDの「設定>勘定科目/税区分」の画面に登録があるものと一致している場合に限ります。

相手科目の1列のみが存在する形とし、借方勘定科目/貸方勘定科目 などと複数列存在する場合は入力を行いません。

出納帳に勘定科目名とコードの両方が記載されている場合は、コード優先で入力いたします。

 

必須項目を満たしていない場合の注意点

必須項目を満たしていない場合は、返却データがイメージとは違う結果になる可能性がございます。

  • 日付(年・月・日)の記入がない
    「年」の情報がない場合は判断できないため、直近の年数を入力します。
  • 入金と出金が判断できる形になっていない(列が「入金」「出金」で分かれていることが必要)
  • 金額列が1列しかない場合は、その金額が「入金」なのか「出金」なのかが判断できない
    金額列が1列で、「入金」「出金」の記載がない場合は「出金」としてデータ化します。

 

 

データ化可能な形式

必須項目を赤枠で囲んでいます。※勘定科目はあってもなくてもデータ化可能です。

 

以下のような日計表もデータ化可能です。

 

そのままではデータ化ができない形式

※項目がわかるように書き込みをしていただければデータ化に対応いたします。

 

その他

読みやすい文字で記入されていることも、データ化にとっては重要な条件となります。

読みづらい文字の場合は、オペレーターが入力ミスをすることがあったり、一部のみ入力せず「〇」などを充てて入力することがありますので、あらかじめご了承ください。

 

データ化されるのかご不安な場合は、サポートまでご相談ください。

  • チャットで問い合わせ:画面右下のボタンから
  • 問い合わせフォームで問い合わせ:STREAMEDウェブ版の「サポートに問い合わせ」から
   

ご不明な点はお気軽にお電話ください050-5434-8299受付時間:10:00~18:00(土・日・祝を除きます)