クレカ明細のデータ化

クレカ明細の自動データ化は領収書の場合とは異なり、紙面に内容を判断するための情報量が少ないため、勘定科目は自動判定できません。
データ化した後、摘要を書き直したり、科目を編集して学習させることで、次からは自動で仕訳入力されるようになります。
(例えば、電話代、水道代、家賃などは学習させると毎月の入力が省略できます)

1. クレカ明細の登録

ウェブ版にログインし、顧問先を選んで「データ一覧>クレカ明細」を開きます。

 

「カード登録」を押し、「カード名称」から入力してください。

必要事項を入力し、最後に「登録」を押せばカードの登録が完了です。

勘定科目はあらかじめ初期設定しておきます。(勘定科目の自動判定はできないため、初回はここで設定した内容でデータ化します)

 

2. クレカ明細の画像を取り込む

では、早速「STREAMEDアップローダー」でクレカ明細の画像を取り込みましょう。アップローダーで「取り込み > クレカ明細」を押します。

先ほどウェブ版で登録したカード名称が表示されていることを確認してください。

あらかじめカードを登録しておくと、この画面にカード名称が表示されます。

登録したはずなのに表示されていない場合は、一度アップローダーのホーム画面に戻り「同期」を押すと表示されるようになります。

アップロードするカード名を選択してください。
 

「ファイルを選択」または「スキャン」を押して、画像を取り込みます。

画像の取り込みが完了したら「画像を確認する」を押してください。取り込みをしたクレカ明細の画像が確認できます。「アップロード」を押すと自動データ化が開始されます。

3. データの確認

アップロードされた画像に何らかの問題がありデータ化ができなかった場合、エラーメッセージが表示されます。データ一覧>クレカ明細の画面で必ずご確認ください。クレカ明細もアップロードしてから1営業日以内にデータ化が完了します。完了通知メールが届くので、ウェブ版にログインして「データ一覧>クレカ明細」の画面を開いてください。

内容を編集し、次もこの取引先について同じ内容の仕訳にしたい場合は「学習」を押してください。次からその内容が自動的に反映されるようになります。

仕訳データ一覧の左側にあるチェックボックスにチェックを入れると、上部に「編集」ボタンが出現します。既に自動データ化したものをまとめて編集したい場合は、以下のいずれかの方法で編集してください。

  • この「編集」を押すと、チェックを入れた仕訳データをまとめて編集できます。
  • 学習した内容を手作業で反映することが可能です。該当の仕訳データの詳細画面を表示し、「適用」ボタンを押します。

クレカ明細をデータ化すると、領収書のデータと重複している場合にマークがつくようになっています。
クレジットカードで支払った際は領収書も発行されますので、その領収書とクレカ明細をデータ化するとデータが重複することになります。
そのため、領収書とクレカ明細間で日付と金額が一致しているものに重複マークがつきます。

重複マークは仕訳帳で見た際に、領収書のデータにつきます。

重複している場合は、領収書の場合はゴミ箱へ、クレカ明細の場合は「出力対象外」としていただきます。
※クレカ明細を1行選択し削除すると、そのページ分のデータがすべて消去されます。
 1行のみ不要でしたら「出力対象外」としてご対応ください。

重複していない場合は、データを開き「確認」を押すとマークを消すことができます。

 

4. クレカ明細のデータ出力

仕訳の入力が完了したら、会計ソフトの形式に合わせてデータを出力してみましょう。

「出力 > 新規出力」を押し、「種別」のプルダウンから「クレカ明細」を選んでください。そうすると、クレカ明細のデータのみをCSV形式で出力できます。(領収書など他の仕訳と一緒に出力する場合は「種別」で「全て」を選んだ状態でCSVダウンロードしてください)

あとはお使いの会計ソフトのインポートして完了です。