通帳のデータ化条件 | STREAMED(ストリームド)

通帳のデータ化条件

データ化可能な基本形式

通帳のデータ化は基本的には冊子型の通帳に対応しておりますが、以下のようなフォーマットのものでしたら、ご希望どおりデータ化され返却されます。

このフォーマットに沿わない場合、返却データがイメージと違う結果になる可能性がございます。

通帳としてデータ化可能な形式 項目行がない 銀行が持ち得ない情報の記載がある

よくある質問

当座照合勘定表はデータ化できるか

可能です。通帳のメニューからご依頼ください。

ネットバンキングの画面からダウンロードしたCSVファイルはデータ化できるか

取引明細でしたらデータ化可能です。データ化には取引行ごとに日付の記載がされているものが対象となります。
必ずPDF等の画像形式に変換のうえ依頼してください。(CSVやExcel形式は受け付けできません)
「エクスポート」または「名前を付けて保存」からPDF形式に変換可能です。

ネットバンキングの画面のスクリーンショットはデータ化できるか

可能です。必ずご契約の口座の取引情報画面をお送りください。
(家計簿アプリのスクリーンショットではデータ化ができません)

金額列が1列で入出金がプラス(+)とマイナス(-)で表現されているものはデータ化できるか

プラス(+)を入金、マイナス(-)を出金としてデータ化します。

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

会計事務所プランを現在ご利用中の方のお問い合わせ先

050-5434-8299

会計事務所プランのご利用を検討中の方のお問い合わせ先

050-5530-2623

※受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)