通帳のデータ化条件 | STREAMED(ストリームド)

通帳のデータ化条件

データ化可能な基本形式

通帳のデータ化は基本的には冊子型の通帳に対応しておりますが、以下のようなフォーマットのものでしたら、ご希望どおりデータ化され返却されます。

このフォーマットに沿わない場合、返却データがイメージと違う結果になる可能性がございます。

よくある質問

  • 当座照合勘定表はデータ化できますか?
    可能です。通帳のメニューからご依頼ください。
  • ネットバンキングの画面からダウンロードしたCSVファイルはデータ化できますか?
    取引明細でしたらデータ化可能です。
    CSVファイルのままですとアップロードを受け付けられないため、必ずPDF等の画像形式に変換のうえご依頼ください。
    なお、ダウンロードしたCSVをExcelで開いてPDFに変換する場合は、印刷機能からPDF形式を選択するのではなく、「エクスポート」または「名前を付けて保存」からPDF形式にしてください。

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

ご不明な点はお気軽にお電話ください。

050-5434-8299

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)