支払先業種設定 | STREAMED(ストリームド)

支払先業種設定

領収書・請求書をデータ化する場合、STREAMEDでは勘定科目を自動判定することができます。

自動判定の仕組み

STREAMEDの科目自動判定は、領収書(または請求書)に記載のある支払先から判定する仕組みとなっています。

業種で判定される勘定科目を変更する

「設定>データ化>支払先業種」の画面を開きます。

 

データ化をする際の勘定科目の判定がどのように設定されているのかをご覧いただけます。

データ化の際の「支払先の業種」から→「借方勘定科目」・「補助科目」「内容」「利用月」を自動的に反映させる仕組みです。

 

特定の業種で現状指定されている科目を変更したい場合には、ボタンを押して科目の変更を行います。

 

特定の業種の仕訳に情報を追加してデータ化する

「内容」に文言を追加しておくとデータ化の際の「内容」にそのまま反映されますので、以下のような仕訳が自動的に作成できます。

例)支払先名:日本交通 内容:タクシー代
 →「日本交通 タクシー代」という摘要で出力されます。

 

「支払先業種設定」の画面↓

仕訳の画面↓

 
タクシーの領収書を支払先名を「タクシー」ではなく会社名にするには

何も設定を変更していないと「タクシー」と返却されますので、以下のヘルプページにて設定方法を確認してください。

詳細入力設定

 

   

ご不明な点はお気軽にお電話ください050-5434-8299受付時間:10:00~18:00(土・日・祝を除きます)