データ化ルール業種設定 | STREAMED(ストリームド)

データ化ルール業種設定

目次

はじめに

対象プラン:会計事務所プラン・プレミアムプラン・ライトプラン・ベーシックプラン

STREAMEDでは領収書・請求書のデータ化で勘定科目を自動判定できます。
このページでは自動判定の基準となる設定画面の操作方法についてご案内します。

自動判定の仕組み

STREAMEDの科目自動判定は、領収書・請求書に記載のある支払先から判定する仕組みとなっています。

仕訳編集画面から、支払先がどの業種として判定されその科目でデータ化されたのかどうかご確認いただけます。
※出力する仕訳データには、業種の内容は含まれません。

業種別データ化ルール設定①

支払先の業種が不明と判断された場合

科目は「未確定」となり、エラー表示されます。

通帳・クレカ明細の自動判定

科目の自動判定は領収書・請求書のみ対象となります。通帳・クレカ明細については学習登録をご活用ください。

学習の方法

業種で判定される勘定科目を変更する

「設定>データ化ルール 業種設定」の画面を開きます。

設定画面

この「データ化ルール業種設定」の画面ではデータ化をする際の勘定科目の判定がどのように設定されているのかをご覧いただけます。

データ化の際の「支払先の業種」から→「借方勘定科目」・「補助科目」「内容」「利用月」を自動的に反映させる仕組みです。

業種設定画面

 

(1)個別に変更する

業種をクリックして科目の変更を行います。

変更したい箇所をクリックする

内容を編集し、OKをクリックして完了です。

業種設定変更画面

(2)一括で変更をする

左の□にチェックを入れ、「編集」ボタンをクリックします。

支払先業種設定の一括編集の方法

変更したい項目を指定し、OKをクリックします。

支払先業種設定の一括編集の方法

データ化の際に仕訳の摘要に文言を自動追加する

「内容」に文言を追加しておくとデータ化の際の「内容」にそのまま反映されますので、以下のような仕訳が自動的に作成できます。

例)支払先名:ラッキータクシー 内容:タクシー代
 →「ラッキータクシー タクシー代」という摘要で出力されます。

業種設定変更画面

「業種設定」の画面↓

業種設定画面

仕訳の画面↓

仕訳画面

 

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

会計事務所プランを現在ご利用中の方のお問い合わせ先

050-5434-8299

会計事務所プランのご利用を検討中の方のお問い合わせ先

050-5530-2623

※受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)