学習の方法 | STREAMED(ストリームド)

学習の方法

学習とは

STREAMEDの学習は、オペレータ―が入力した「支払先」もしくは「摘要」に対して以下の内容を記録することです。
「支払先(摘要)」に加えて「金額」も条件に含めることが可能です。

  • 支払先欄 または 摘要欄
  • 内容欄
  • 利用月欄
  • 勘定科目
  • 税区分
  • 部門

学習の手順

学習登録をしたい該当の仕訳をクリックし「仕訳の編集画面」に入ります。※仕訳一覧画面では学習できませんので、必ず「編集画面」を開いてください。

【学習とは】の項目で案内したように、項目のうちいずれかを編集し、「学習」ボタンを押します。

これによって、内容の保存と学習の記録が完了します。

右から学習登録画面が開きます。

「支払先(摘要)」が学習のキーワードとなりますが、たとえば同じ取引先のものが複数あり金額を条件としてそれぞれ学習内容を変えたいということでしたら、キーワードとあわせて金額の条件も指定してください。

※この画面では基本的に仕訳画面で編集した内容が引き継がれていますが、金額を固定しての学習などはこちらで再度入力をしないと登録ができません。

金額を指定して学習する

同じ支払先(摘要)に対して金額条件をしたものを別に登録したいという場合には、学習の編集画面で金額を指定し、編集が終わった後に「保存」ボタンを押してください。

学習を作成すると、下のように同じ取引先に対して複数の学習登録がされます。


摘要(出力)とは

「支払先」+「内容」+「利用月」が統合された形のものです。
会計ソフトにインポートすると「摘要」として取り込まれます。

●支払先

データ化をすると、オペレーターがこの欄に支払先名を入力します。
この箇所を書き換えることも可能です。※
学習ではこの「支払先」がキーになります。

※通帳の場合「フリコミテスウリョウ」を「振込手数料」と漢字表記を学習登録することで、次回のデータ化から漢字表記にすることが可能です。

●内容

データ化直後の仕訳を見ると、この欄は空欄になっています。摘要に追加したい文言があればここに書き込んでください。

●利用月

「○月分」というように、利用月を“摘要(出力)”欄に入力するための補助機能です。

支払先:株式会社クラビス
内容:電気代
利用月:支払月

この場合、“摘要(出力)”欄には「株式会社クラビス 電気代 〇月分(支払月数)」と表示されます。
たとえば領収書の日付が2018/1/31だった場合、利用月の指定を「支払月」とすることで「1月分」と自動で挿入されます。
なお、翌月にまた同じ支払先の領収書をデータ化した場合は「2月分」と自動挿入されます。

税区分の自動判定について

領収書・レシートのデータ化では消費税増税・軽減税率制度導入に伴い税区分の自動判定機能が追加されております。領収書に記載のある税区分を判断し、税区分ごとの金額をデータ化する機能です。
学習の登録の際も、税区分を自動判定としておくことで、税区分と金額は領収書の記載の通りにすると登録できます。

税区分の自動判定について詳しくはこちらをご覧ください。

学習した内容の確認方法

学習した結果は「学習」のメニューから確認・編集が可能です。

 

詳しい操作についてはこちらのページでご案内しています。

学習画面の操作
https://streamedup.com/help/9471

学習した内容を他の仕訳に反映させる

すでに学習記録があるものは、仕訳の編集画面で「学習を適用」ボタンを押すと、反映されます。

また、データ一覧の画面上で学習内容を適用することも可能です。
学習記録があるものは「アイコン」欄に水色のマークが出現しますので、そのマークをクリックしてください。

次は学習の一括適用方法のページをご覧ください。

 

   

ご不明な点はお気軽にお電話ください050-5434-8299受付時間:10:00~18:00(土・日・祝を除きます)