勘定科目・補助科目の設定 | STREAMED(ストリームド)

勘定科目・補助科目の設定

目次

はじめに

会計事務所プラン:顧問先>設定>会計ソフト 勘定科目
プレミアムプラン:事業所>設定>会計ソフト 勘定科目

こちらのページでは勘定科目・補助科目を個別で編集や削除する方法を記載しています。
ファイルでの一括インポートの場合は、下記ヘルプページをご覧ください。

勘定科目・補助科目インポート 

勘定科目・補助科目の追加

勘定科目の追加

顧問先を選択後、「設定>会計ソフト 勘定科目」を選択します。

科目設定画面

画面右にある「+追加」をクリックします。

勘定科目の追加

必要項目を入力「OK」を押して完了です。

OKボタン

作成した勘定科目は一番最後に表示されますので、作成した直後の画面では表示されないことがあります。
その場合は検索またはページを選択し、探して確認してください。

検索およびページの切り替え

補助科目の追加

補助科目の追加方法は2つあります。

【1】勘定科目設定画面から追加する

補助科目を追加したい勘定科目の右にある「+」をクリックします

補助科目の追加

必要項目を入力「OK」を押して完了です。

補助科目

【2】仕訳画面から補助科目を追加する

勘定科目設定画面からの操作ではなく、仕訳画面からの操作も可能です。
ただし、親となる勘定科目にあらかじめ1つ以上補助科目の登録がある場合に有効です。

補助科目

※補助科目の税区分を空白で登録した場合は、親勘定科目の税区分と同じ税区分が自動的に設定されます。

勘定科目・補助科目の変更

「設定>会計ソフト 勘定科目」画面にて、変更したい勘定科目をクリックします。

勘定科目の変更

内容を編集し、「OK」を押して完了です。

OKボタン

また、補助科目の変更は、該当の補助科目の親にあたる勘定科目の「▶」をクリックし、変更したい補助科目を選択してください。

補助科目の変更

補助科目の変更

内容を編集をし「OK」を押して完了です。

OKボタン

勘定科目・補助科目の削除

削除したい勘定科目にチェックを入れ、「削除」を押して完了です。

勘定科目にチェックを入れ削除

補助科目も同様に、該当の補助科目にチェックを入れ「削除」を押して完了です。

削除したい補助科目にチェックを入れ削除

勘定科目・補助科目の順序変更

勘定科目の順序変更

「設定>会計ソフト 勘定科目」と進んだ画面で「並び替え」ボタンを押してください。

並び替え

並べ替えたい科目をクリックしたままの状態で、好きな位置に移動させます。
全ての並べ替えが終わったら、「OK」ボタンを押して完了です。

OKボタン

補助科目の順序変更

「設定>会計ソフト 勘定科目」と進んだ画面で下記画像の「+」ボタンを押します。

画像のボタン

並べ替えたい科目をクリックしたままの状態で、好きな位置に移動させます。
全ての並べ替えが終わったら、「OK」ボタンを押して完了です。

OKボタン

便利な使い方

ショートカットキーを設定する

仕訳編集画面で勘定科目を選択する際に、検索キー(ショートカットキー)を設定することでキーボード操作で素早く編集ができるようになります。

検索キー表示のイメージ

新しく勘定科目を追加して検索キー(ショートカットキー)を設定する際は「設定>会計ソフト 勘定科目」で行って下さい。
※もともとSTREAMEDに登録のある勘定科目については、検索キーを変更することはできません。

検索キーを設定する画面までのイメージ

検索キー追加のイメージ

検索キー追加のイメージ

よくある質問

製造原価科目の追加について

STREAMEDでは勘定科目を販売費及び一般管理費や製造原価などにグループ分けしていません。すべて「設定>会計ソフト・勘定科目」の画面に区別されず登録されています。
製造原価の科目を追加する場合、名称で判断しやすくするために「[製]会議費」などと科目名称の前に[製]と付けるのがおすすめです。
なお、勘定科目をコード管理している場合はコードが異なっていれば同一の名称で登録が可能です。

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

会計事務所プランを現在ご利用中の方のお問い合わせ先

050-5434-8299

会計事務所プランのご利用を検討中の方のお問い合わせ先

050-5530-2623

※受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)