医療費のデータ化 | STREAMED(ストリームド)

医療費のデータ化

医療費データ化サービスの基本操作

医療費データの出力・インポート

 

医療費のデータ化とは

医療費の領収書はスキャンするだけでデータ化され、集計し出力できます。
(本機能は会計事務所プラン限定の機能です)

 

料金

1件20円

 

データ化する内容

  • 支払日
  • 支払先
  • 医療費の区分(診療・治療/医療品購入/介護保険サービス/その他の医療費)
  • 医療費 ※

※基本的には「合計」の金額をデータ化しますが、「医療費控除対象額」の記載がある場合はその対象額をデータ化します。(2021/2/3アップロード分より)
ただし、「〇〇に係る医療費控除対象額」など前後に予測していない文言がある場合、エラー返却になる可能性があります。

 

医療費区分の判定

支払先の業種から自動判定します。

どのように判定しているかは、「設定>データ化ルール/業種設定>医療費」の画面で確認可能です。

医療費の業種設定


 

データ化の手順

医療費の領収書をデータ化するにあたり、新しく顧問先登録をする必要はありません。
既に登録されている顧問先に証憑として追加することができます。

以下の手順では、既に顧問先登録が完了している状態からご案内します。

(1)新規登録

アップローダーを立ち上げ、該当の顧問先の画面に入ります。
「医療費」のメニューをクリックし、新規登録をします。

アップローダーでの新規登録

 

右上の「登録」ボタンを押し、対象者名を入力します。完了したら「保存」ボタンを押してください。

登録ボタン

対象者名の入力

 

※ウェブ版でも医療費の新規登録が可能です。その場合は「新規登録」ボタンを押した後、証憑種別を「医療費」として登録してください。

 

(2)データ化の依頼

登録が終わったら、データ化する対象者を選択します。

アップロード先の対象者を選択

既にスキャン済みの画像データがあれば「ファイル選択」、PCとスキャナを連携して読み取りから行うには「スキャン」ボタンを押してください。

ファイル選択もしくはスキャン

 

取り込んだ画像を最終確認し、問題なければ「アップロード」ボタンを押してデータ化の依頼が完了します。

アップロードボタン

 

確認の手順

(1)ウェブ版でのデータ化結果確認

データ化完了通知が届いたら、ウェブ版にアクセスします。
ホーム画面には経費データとは別に医療費の状況が追加されています。

医療費を追加したホーム画面

対象者の「一覧を開く」をクリックします。

データ化された医療費明細の一覧が表示されます。

データ化された医療費の一覧

(2)データの編集

編集したい場合は、データをクリックして詳細画面を開きます。
(補填金額はご自身で入力していただけます)

医療費の詳細画面

 

他の医療費口座に移動する

もしアップロードの対象者を間違えてしまった場合は、別の対象者の画面に移動させることが可能です。
一覧画面で対象となるデータを選択のうえ、「他の医療費口座に移動」を押してください。

他の医療費口座に移動

 

出力の手順

(1)新規出力

「出力」メニューから「医療費 新規」を選択します。

医療費の新規出力

 

新規出力画面では、出力したい年度をプルダウンで指定すると絞込みができます。

出力年度の絞込

 

出力形式の選択をします。「変更」ボタンを押すと設定画面が開きますので、プルダウンから出力したい形式を選択してください。

出力形式の変更

 

準備が完了したら、「ダウンロード」ボタンを押してデータを出力します。

ダウンロードボタン

 

エラーが出て出力できない場合

登録した名前に、環境依存文字(旧字体など)が使われている可能性があります。
今一度ご確認いただき、名前を変更のうえ出力をお試しください。

出力時のエラー

 

名前の変更は「ホーム」画面で該当の対象者の横にあるエンピツマークを押して行ってください。

設定変更ボタン

 

(2)再出力

「出力」メニューから「医療費 履歴」を選択します。

医療費の履歴

再出力したいファイルをクリックします。

医療費の履歴

「再ダウンロード」ボタンを押してデータを出力します。

医療費の再出力

出力形式を変更して再出力をしたい場合は、医療費>新規の画面で出力形式を変更後に履歴から再ダウンロードをしてください。

 

出力形式について

「STREAMED標準」と、所得税申告関連のソフトの形式で出力が可能です。(ソフトはご要望が多いものから対応中です)

 

出力形式を変更するには

「出力>医療費 新規」の画面を開き、「出力形式」項目の「変更」ボタンを押して設定してください。

出力形式の変更

 

医療を受けた人・支払先ごとに集計するには

「STREAMED標準」以外では病院ごと、対象者ごとに集計して出力するかどうかを選択可能です。出力形式設定の際に選択してください。

医療費の出力形式

一番上に戻る


STREAMED標準

  • STREAMED標準:領収書1件ずつの明細を出力
  • STREAMED標準(集計):病院ごと、対象者ごとに集計して出力

上記いずれかの形式で出力することによって、データを「医療費集計フォーム」のフォーマットに貼り付けることができます。
初期値は「STREAMED標準(集計)」となっていますので、そのまま出力形式の変更は不要でダウンロード可能です。

ダウンロードしたファイルをExcelで開きます。

STREAMED標準(集計)のファイル

国税庁の「医療費集計フォーム」を開きます。
(ダウンロードはhttps://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/iryouhi-download.htmからお願いします)

医療費集計フォーム

 

先ほどダウンロードしておいた「STREAMED標準」のデータから内容をコピーし、貼り付けます。

医療費集計フォームへの貼り付け

 

TKC

TKC確定申告システム(TPS2000)へのインポート可能な形式でファイル出力をすることが可能です。

「医療費 新規」の画面を開き、出力形式が「TKC」となっていることを確認します。

出力形式の設定が終わったら「ダウンロード」ボタンを押してデータを出力します。

ダウンロードボタン

 

次に「TPS2000」を立ち上げます。

(1)「511添付書類等の一括入力」を選択します。

(2)(1)の画面から「7 医療費控除に係る医療費通知・領収書等」を選択します。

(3)画面上部にある「CSV読込」から先ほどSTREAMEDよりダウンロードしたファイルを読み込んでください。

 

 

達人

「所得税の達人」へのインポート可能な形式でファイル出力をすることが可能です。

「医療費 新規」の画面を開き、出力形式が「達人」となっていることを確認します。

「達人」の出力形式では「事業所コード」「事業者名」を必ず指定しておきます。
(ここで指定が間違えていると、達人シリーズへのインポート操作の際にエラーとなってしまいます。コード、名称ともに完全一致させてください。)

達人シリーズの設定画面

出力形式の設定が終わったら「ダウンロード」ボタンを押してデータを出力します。

「ダウンロード」ボタン

 

次に、「達人」シリーズを立ち上げます。

(1)業務メニューの「データのインポート」をクリックします。

帳票データのインポート

(2)「帳票データのインポート」を選択し、「確定」をクリックします。

帳票データのインポート

(3)インポート対象フォルダを参照から選択し、「医療費に係る領収書等医療費(医療費通知以外)」にチェックが入ったことを確認したうえで、「確定」をクリックします。
※ファイルではなくインポートファイルを保存しておいた「フォルダ」を選択してください。
※事業者コード、事業者名が達人の登録と一致していない場合、「検索条件に一致する項目はありません。」とのエラーになります。このエラーが出た場合はもう一度STREAMEDの出力形式の設定を見直してください。

インポート対象フォルダの選択

(4)「インポート処理を開始します。よろしいでしょうか?」と表示されたら「OK」をクリックし、完了するのを待ちます。

確認ダイアログ

(5)申告書類に反映されたことを確認して、終了です。

 

ミロク

「ACELINK」へのインポート可能な形式でファイル出力をすることが可能です。

「医療費 新規」の画面を開き、出力形式が「ミロク」になっていることを確認します。

出力形式の設定が終わったら「ダウンロード」ボタンを押してデータを出力します。

ダウンロードボタン

 

Excelシートの「所得税確定申告書(医療費控除・セルフメディケーション税制の明細書)」を開き、STREAMEDからダウンロードしたCSVファイルの内容をそのまま表に貼り付けます。

ミロクの申告書フォーマット

 

次に、「ACELINK」を立ち上げます。

(1)令和2年分 確定申告 アプリケーションから「申告書等入力」を選択します。

申告書等入力

(2)「連動」>「Excelシート取込」を選択します。

Excelシート取込

(3)先ほど表にデータを貼り付けたExcelシートを指定し、「情報取得」ボタンを押します。

情報取得

(4)取込区分で「追加取込」または「洗替取込」を選択し、「取込」ボタンを押して完了です。

取込

 

ICS

「ICS」へのインポート可能な形式でファイル出力をすることが可能です。

「医療費 新規」の画面を開き、出力形式が「ICS」になっていることを確認します。

出力形式の設定が終わったら「ダウンロード」ボタンを押してデータを出力します。

(1)「CSVファイルからのインポート」の項目を選択します

(2)ファイル選択のダイアログが開きますので、STREAMEDからダウンロードしたファイルを指定し「開く」を押します

(3)取込方法を選択します。

  • はい :現在入力しているデータに上書きします
  • いいえ :現在入力しているデータに追加します
  • キャンセル :取込処理をキャンセルします

 

JDL

「JDL」へのインポート可能な形式でファイル出力をすることが可能です。

「医療費 新規」の画面を開き、出力形式が「JDL」になっていることを確認します。

出力形式の設定が終わったら「ダウンロード」ボタンを押してデータを出力します。

その後はそのままJDLへのインポートが可能です。

(1)帳票:【所得控除】医療費控除・セルフメディケーション税制の明細書を選択し、「インポート」を押します。

JDLへのインポート1

 

(2)「ファイル選択」ボタンを押します。

JDLへのインポート2

 

(3)STREAMEDでダウンロードしたファイルを選択のうえ、「開く」ボタンを押します。

JDLへのインポート3

 

(4)登録ファイル確認の画面が表示されたら「登録」ボタンを押します。

JDLへのインポート4

 

(5)「確認」ボタンを押した後(2)の画面が表示されますので「閉じる」ボタンを押して完了です。
※ファイル形式が正しくない場合は「結果」の欄に×が表示されます。もう一度ファイルの内容を確認してください。

JDLへのインポート5

 

 

一番上に戻る

STREAMED(ストリームド)は、領収書・レシートや通帳をスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する「紙証憑の自動記帳サービス」です。

ご不明な点はお気軽にお電話ください。

050-5434-8299

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)