振替伝票のデータ化 | STREAMED(ストリームド)

振替伝票のデータ化

 

はじめに

下記のような振替伝票のデータ化が可能です(手書き・印字どちらでも可)。

  • 貸借にそれぞれ金額欄があり、貸借の合計金額が一致しているもの(※)
  • 1か所に日付が記載されているもの
  • 1画像につき1枚まで

(※合計金額が一致していない場合、差額分の行が発生し未確定勘定としてデータ化されます。)

その他の注意点はこちらをご覧ください。

STREAMEDのデータ化の仕組み上、データ化できないフォーマットはエラーで返却する場合がありますのでご了承ください。
データ化できるかご不安な場合はサポートまでお問い合わせください。

振替伝票データ化可能サンプル

 

料金

1行20円(税込22円)

 

振替伝票のデータ化手順

STREAMEDウェブ版のホーム画面で「新規登録」を押します。

振替伝票のデータ化手順

証憑を「振替伝票」と選択し、名前を入力後「保存」を押します。

振替伝票のデータ化手順

このままウェブ版でアップロードをする場合は「アップロード」から画像を選択してご依頼ください。

振替伝票のデータ化手順

アップローダーからスキャン・アップロードをしたい場合は、アップローダーを立ち上げ、「取り込み」から振替伝票を選択してください。

 

データ化のキャンセル

振替伝票の場合、チケットの消費はデータ化の際に行われますので、データ化完了前にキャンセルをしていただければチケットを消費することはありません(料金は発生しません)。

仕訳編集画面(仕訳をクリックした後の画面)からキャンセルする場合

仕訳一覧から「データ化中」となっている項目をクリックして詳細画面に入り「自動データ化キャンセル」のボタンを押します。

編集画面からキャンセルする方法

 

仕訳一覧(リスト表示)の画面からキャンセルする場合

仕訳の詳細画面を開かなくとも、仕訳の一覧ページにて該当の項目にチェックを入れ「データ化キャンセル」のボタンを押してキャンセルをすることも可能です。

リストからキャンセルする方法

一番上のチェックボックスにチェックを入れると、そのページに表示されているデータすべてにまとめてチェックがつきます。

リストですべてを選択する方法

 

データ化結果

このように複合仕訳としてデータ化されます。

サンプル画像の場合は以下の内容になります。

振伝データ化結果

 

出力データ

振替伝票形式ではなく相手勘定に諸口を必要とする会計ソフトは
出力時のデータでは諸口を使ったデータで出力されます。空欄でデータ化された場合も同様です。

例えば上記データ化結果にある仕訳は、下記のように出力されます。

▽出力データ(科目のみ記載)
売掛金/諸口
諸口/売上高
当座預金/諸口
諸口/売掛金

 

また相手勘定が空欄のこちらのような仕訳の場合は下記のようになります。振伝データ化結果2

▽出力データ(科目のみ記載)
買掛金/諸口
諸口/当座預金
支払手数料/諸口
諸口/当座預金

 

データ化できないもの

  • 金額の記載が1列または1箇所のものは対応しておりません。

振替伝票金額1列

振替伝票金額1箇所

データ化できない振替伝票

  • 行ごとに日付の記載がある出納帳の形式には対応しておりません。

振替伝票出納帳形式

  • 行数が足りずに複数枚となっているもの(最後の伝票まで合計しないと貸借の金額が一致しないもの)は対応することができません。

複数枚振替伝票

 

 

注意点

  • 振替伝票では学習機能はございません。
  • 科目はコードのみでもデータ化可能です。
  • STREAMEDで登録がない科目が記載されている場合は「未確定」としてデータ化されます。データ化後に適切な科目へご変更ください。
  • 摘要欄が読みにくい場合は「〇」を充てて入力することがありますのでご了承ください。
  • 補助科目をデータ化する場合は、お手数ですが下記のようにご記載ください。

線を引いて左右に科目を分け記載する方法

上下に科目を記載する方法

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

ご不明な点はお気軽にお電話ください。

050-5434-8299

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)