複合仕訳の作成・学習 | STREAMED(ストリームド)

複合仕訳の作成・学習

複合仕訳の学習では、勘定科目や摘要欄だけでなく、金額を固定させることも可能です。

学習の基本については「学習の方法」をご覧ください。

ここではよく利用される複合仕訳の例に沿って手順を紹介します。

※STREAMEDで作成した複合仕訳データは、会計ソフトに取り込むと振替伝票となります。
 会計ソフトによっては自動変換されない場合がありますので、その場合は複合仕訳の画面で「諸口」等の科目を使用して作成してください。

 

支払利息を追加する場合

複合仕訳にしたい該当の仕訳で、(仕訳の詳細画面を開いた状態で)「複合仕訳」のボタンを選択します。

複合仕訳への変更

仕訳が単一仕訳から複合仕訳の形式に変化しますので、2行目以降に必要な勘定科目・金額を指定します。
(「超過解消」のボタンで貸借のバランスが合うよう自動計算されます)

複合仕訳の作成

学習させたい場合は「学習」ボタンを押します。(今回限りの場合は「保存」ボタンを押してください)

複合仕訳作成後の学習

 

 

金額を固定した学習について

初期値では金額の固定をしないようになっていますが、毎回完全に同じ金額だという場合には、金額を固定して学習させることも可能です。
こちらも、学習の編集画面の金額欄にて金額を指定して登録することで可能になります。

学習画面の金額指定

金額を固定する場合は、最初に計算方法をプルダウンで指定します。
それぞれの役割は以下のとおりです。

自動計算
 単一仕訳の場合、アップロードした証憑に記載の金額がそのまま反映されます。
 複合仕訳の場合、他の行の金額を元に、差額を自動計算します。
取引金額:アップロードした証憑に記載の金額がそのまま反映されます。
固定金額:学習に入力した金額がそのまま反映されます。

計算方法の指定

 

(例)給与の所得税預り金を追加する場合

複合仕訳にしたい該当の仕訳で、(仕訳の詳細画面を開いた状態で)「複合仕訳」のボタンを選択します。

複合仕訳ボタン

複合仕訳の形式に変化しますので、2行目以降に必要な勘定科目・金額を指定します。
このとき、調整したいのは借方のほうの金額ですので「不足解消」のボタンを押します。(「超過解消」を押してしまうと、貸方の金額で調整されてしまうので、ご注意ください)

不足の解消

借方の支払い給与の金額が調整されたことを確認します。

金額の調整

 

次回からは編集せずに学習を自動適用させるには、金額の計算方法を「取引金額」とし、2行目以降に指定したい金額を「固定金額」として入力します。
このようにすることで、実際の取引金額はそのままにした状態で預り金を追加することが可能となります。

取引金額を固定して学習登録をする

 

(例)支払手数料から源泉所得税を差し引いた分を顧問税理士に支払う場合

毎月の支払金額が同じ場合、学習ではあらかじめ「支払手数料」の金額と「預り金」の金額を固定しておき、またその金額によって「普通預金」の金額が変動しないよう取引金額で固定しておくと便利です。

 

まずは仕訳を編集し、完成させます。

不足金額の解消

金額調整

 

「学習」ボタンを押して次回より自動で反映されるように設定します。
毎月変わらない部分については金額を固定してください。

金額を固定して学習登録をする

 

金額の指定ができないとき

学習登録の時に、税区分が「自動判定」になっていると金額を指定できません。
(学習内容を反映するときに指定金額をどの税区分で作成すればいいかがシステムで判断できないため)

金額の入力自体はできますが、保存を押すと下記のようなメッセージが表示されて保存できません。

税区分自動判定時のエラー

金額の指定ができない時は、税区分を「自動判定」以外に変更してください。

税区分を変更のうえ計算方法を指定

 

STREAMED(ストリームド)は、領収書・レシートや通帳をスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する「紙証憑の自動記帳サービス」です。

ご不明な点はお気軽にお電話ください。

050-5434-8299

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)