複合仕訳の作成・学習

複合仕訳の学習では、勘定科目や摘要欄だけでなく、金額を固定させることも可能です。

ここではよく利用される複合仕訳の例に沿って手順を紹介します。

※STREAMEDで作成した複合仕訳データは、会計ソフトに取り込むと振替伝票となります。
 会計ソフトによっては自動変換されない場合がありますので、その場合は複合仕訳の画面で「諸口」等の科目を使用して作成してください。

 

支払利息を追加する場合

複合仕訳にしたい該当の仕訳で、(仕訳の詳細画面を開いた状態で)「複合仕訳」のボタンを選択します。

 

仕訳が単一仕訳から複合仕訳の形式に変化しますので、2行目以降に必要な勘定科目・金額を指定します。
(「超過分を解消」にて貸借のバランスが合うよう自動計算されます)

複合仕訳にして行を追加する

 

学習させたい場合は、「学習」ボタンを押します。(今回限りの場合は「保存」ボタンを押してください)

複合仕訳の内容を学習する

 

学習内容の確認画面がポップアップで表示されますので、内容に問題なければこのまま「OK」ボタンを押して登録します。
なお、学習のキーとなる支払先を「完全一致」ではなく「部分一致」で登録することも可能です。確認画面にて「完全一致」から「部分一致」に変更後、学習キーとする文言を指定してください。

キーワードについて完全一致か部分一致を選択する

 

また、初期値では金額の固定をしないようになっていますが、毎回完全に同じ金額だという場合には、金額を固定して学習させることも可能です。
こちらも、確認画面の金額欄にて金額を指定して登録することで可能になります。(「金額クリア」で入力値を元に戻すことが可能です。)

金額欄を自動計算として学習する

 

給与の所得税預り金を追加する場合

複合仕訳にしたい該当の仕訳で、(仕訳の詳細画面を開いた状態で)「複合仕訳」のボタンを選択します。

単一仕訳を複合仕訳に変更する

 

複合仕訳の形式に変化しますので、2行目以降に必要な勘定科目・金額を指定します。
このとき、調整したいのは借方のほうの金額ですので、「借方を更新」のボタンを押します。(「超過分を解消」を押してしまうと、貸方の金額で調整されてしまうので、ご注意ください)

追加した行分金額を調整する

 

借方の支払い給与の金額が調整されたことを確認します。

調整されたもの

 

学習させたい場合は「学習」ボタンを押し、この後の操作は前述の「支払利息を追加する場合」で説明した内容と同様に行います。
(今回限りの場合は「保存」ボタンを押してください)

   

ご不明な点はお気軽にお電話ください050-5434-8299受付時間:10:00~18:00(土・日・祝を除きます)