仕訳データを一括編集する | STREAMED(ストリームド)

仕訳データを一括編集する

データをまとめて編集したい場合は一括編集(一括変更)をご利用ください。(まとめて〇〇費に変更したい/まとめてクレカ明細の日付を引き落とし日の〇月〇日にしたい等)

 

仕訳の一覧画面から一括編集をする

データ化された仕訳をみると、その行の一番左側に四角いチェックボックスがついています。

仕訳一覧画面

まとめて編集したいデータを選択し、チェックをいれると「編集」というボタンがでてきます。

一括選択後の編集操作


編集を押すと、科目や内容欄等を入力する画面が表示されます。

変更したい内容を入力して「保存」をしてください。

一括編集画面


チェックボックスの一番左上にチェックを入れると、表示されているデータすべてにチェックがつきます。

一括選択のコツ

 

ページ表示から一括編集をする

通帳・クレカ明細・現金出納帳・総合振込はページ表示でも同様に一括編集が可能です。

一括編集

 

絞り込み機能について

一括編集したい仕訳を絞り込んで表示させることができます。(仕訳の一覧画面のみ)

例)会議費をまとめて交際費に編集したい

  • 1. 会議費を絞込表示
  • 2. 左上のチェックボックスにチェックを入れてすべて選択
  • 3. 「編集」を押して変更内容を入力


絞込表示とすべてにチェックをする操作を組み合わせると、一括編集の際便利です。

絞り込み操作

絞込表示について詳しくはフィルタを使って絞り込み表示するのページをご参照ください。

 

複合仕訳の一括編集について

一括編集をすると、複合仕訳の場合は仕訳内の全ての行に対して同じ内容が反映されます。
特定行のみを編集したい場合は下記の「複合仕訳の特定行を編集する」の箇所をご覧ください。

複合仕訳

借方科目に「会議費」を指定して保存すると、全ての行に対して「会議費」が反映されます。

編集内容の入力画面

全ての行が「備品・消耗品費」から「会議費」へと変更されました。

複合仕訳

複合仕訳の特定行を編集する

複合仕訳で返却されるデータのうち税率によって特定行のみ異なる科目に編集する場合等にご利用いただけます。

(例)8%と10%で分かれてデータ化されたものが両方会議費になっているので10%の部分は消耗品費にしたい。

まずデータ一覧の画面で「詳細条件」を押し、仕訳を検索します。詳細条件検索を押す

 

検索画面で「複合仕訳の場合、特定行のみ指定する」にチェックを入れ、検索したい税区分を指定します。 検索画面で複合仕訳の特定行を指定する

 

指定した内容の行が含まれる複合仕訳が表示されます。指定した行が含まれる複合仕訳が表示される

 

複合仕訳の変更したい行のチェックボックスにチェックを入れて「編集」ボタンを押します。
編集したい行にチェックを入れて「編集」をクリックします

編集したい内容を入力してOKを押します。編集したい内容を入力してOKを押します

 

編集画面で変更した内容が特定行に反映されます編集画面で変更した内容が特定行に反映されます

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

ご不明な点はお気軽にお電話ください。

050-5434-8299

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)