ScanSnap iX1500(1400/1600)の準備 | STREAMED(ストリームド)

ScanSnap iX1500(1400/1600)の準備

ドキュメントスキャナの「ScanSnap」で領収書をパソコンに取り込み、STREAMED ウェブ版にアップロードして自動データ化する方法をご説明します。

ScanSnapはSTREAMEDとは別売りですので事前にご用意ください。

ScanSnap iX1500(1400/1600)とは


製品紹介サイト
http://scansnap.fujitsu.com/jp/product/ix1500/

ScanSnap iX500の後継機種で、iX500が25枚/分の読み取りスピードだったのに対し、30枚/分と進化しています。
また、紙詰まりも以前よりしにくくなっています。
価格は量販店等で約5万円ほどとなっています。

※2021年1月現在、iX1600の発売に伴い、iX1500の販売が終了しました。
iX1400、iX1600のご利用は可能ですので、こちらのページを参考にセットアップを行ってください。

事前準備


Streamed Uploader(ストリームド アップローダー)をご利用のPCにインストールしてください。
https://streamedup.com/help/7386
(インストールのヘルプページが開きます)

ドライバのインストール手順


1.下記ページからスキャンスナップのドライバをダウンロード&インストールします。
https://scansnap.fujitsu.com/jp/dl/
(FUJITSUのサイトが開きます)

2.下記ページが開いたらご利用のスキャナ(今回はiX1500)とPCのOSを選択し、対象となるソフトウェア一覧を表示します。

※windowsのバージョンを調べる方法
 windowsマーク + r を押し「winver」と入力するとバージョンを確認できます

ドライバダウンロード画面

3.ソフトウェア一覧画面で「ScanSnap Home ダウンロードインストーラー」をダウンロードします。

ドライバダウンロード画面

4.「ダウンロードインストーラー」のアイコンをクリックしてください

ScanSnapHOMEのダウンロードインストーラー

5.利用規約を確認し「同意」をクリックします。

規約の確認画面

6.PCに「WinSSHDownloadInstaller_〇〇.exe」というファイルがダウンロードされますので、ファイルをダブルクリックで実行してください。

7.インストールが完了するとPCに「ScanSnap Home」がインストールされます。

ScanSnap Homeセットアップ手順


1.ScanSnap Homeを起動します

※初回のみセットアップ開始画面が開かれますので、ScanSnapをUSBケーブルでパソコンと繋ぎ、画面の指示通り進めてください。

ScanSnapHOMEの設定画面

2.青い「Scan」アイコンをクリック、または「設定>スキャン設定」を押すと、プロファイルの選択画面が表示されますので、 次に右上のえんぴつのアイコンをクリックしてください。

ScanSnapHOMEの設定画面

3.プロファイル編集画面が開いたら[連携アプリケーション]のプルダウンから「STREAMED Uploader」を選択します。

ScanSnapHOMEの設定画面

4.下図のようにポップアップが出てくるので「はい」を選択します。

ScanSnapHOMEの設定画面

5.[連携アプリケーション]が「Streamed Uploader」になっていることを確認し「保存」をクリックします。

ScanSnapHOMEの設定画面

6.以上で設定は完了です。後はStreamed Uploader側でスキャンを行うことでスキャンスナップとSTREAMEDアップローダーが連動し、スキャンができるようになります。

「ScanSnapの予約に失敗しました 20」と表示が出た場合


ScanSnapセットアップ手順のプロファイル設定ができていないことが原因です。

使用するプロファイルの連携アプリケーションで「Streamed Uploader」を設定すれば解決します

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

ご不明な点はお気軽にお電話ください。

050-5434-8299

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)