クラウド会計ソフトfreee(フリー)への取り込み | STREAMED(ストリームド)

クラウド会計ソフトfreee(フリー)への取り込み

STREAMEDからCSVデータを出力し、クラウド会計ソフトfreee(フリー)に取り込む手順をご説明します。

 

STREAMEDでの操作

STREAMEDでは出力タイプを二種類ご用意しています。用途に応じて選択してください。

1)取引CSV:現金の経費を取り込む際に選択します。

(2)振替伝票:現金以外の取引(通帳やクレジットカード等)の仕訳データを取り込む際に選択します。freeeでは「エクセルインポート」から取り込みます。

※振替伝票タイプで出力したデータはCSVファイルです。そのままですとインポートができないため、エクセルで開き必ずエクセルファイルとして保存してください。

 

なお取引CSVは出力項目を設定することができます。

  • 支払先→取引先、内容→メモタグ:STREAMEDの「支払先」がfreeeの「取引先」に登録されます。また「内容」がある場合は「メモタグ」に登録されます。
  • 摘要→備考:STREAMEDの摘要欄(支払先、内容、利用月)がfreeeの「備考」に登録されます。

 

会計ソフト(出力形式の選択)の設定方法はこちらをご覧ください。

出力形式の選択が完了したら、仕訳データを出力します。

CSVデータの出力

 

取引データ(現金)のインポート

出力タイプ「取引CSV」で出力した仕訳データを取り込みます。

クラウド会計ソフトfreeeにログインし、メニューの「取引」から「取引の一覧・登録」を選択します。

取引の一覧・登録

画面右側の「その他の機能」のボタンを押して「取引データのインポート」を選択します。

取引データのインポート

「2.CSVファイルのアップロード」で、先ほどSTREAMEDから出力した仕訳データを選択(またはドラッグ)します。

取引のインポート

「3.登録」で仕訳の内容を確認し、「登録する」ボタンを押します。

CSVファイルのアップロード

しばらく待つとインポートが完了します。「こちらのリンクから確認できます」をクリックすると、インポート履歴が確認可能です。

こちらのリンクから確認できます

「登録された取引」を押すと、取引データが確認できます。

登録された取引

 

 

エクセルインポート

出力タイプ「振替伝票」で出力した仕訳データを取り込みます。

※振替伝票タイプで出力したデータはCSVファイルです。そのままですとインポートができないため、エクセルで開き必ずエクセルファイルとして保存してください。

エクセルファイルで保存する

インポート手順

クラウド会計ソフトfreeeにログインし、メニューの「取引」から「エクセルインポート」を選択します。

エクセルインポートの手順

①形式の選択で「振替伝票」を選択し、②エクセルファイルを選択(またはドラッグ)します。

CSVファイルの選択

③税額の扱いを選択後、仕訳の内容を確認し「設定する」を選択します。

仕訳の確認

STREAMEDとfreeeの科目が一致していない場合は④で設定してください。

その後⑤の「登録する」を押すとインポートが始まります。

仕訳の登録

しばらく待つとインポートが完了します。「こちらのリンクから確認できます」をクリックすると、インポート履歴が確認可能です。

こちらのリンクから確認できます

「登録された取引」を押すと、取引データが確認できます。

仕訳の確認方法

 

 

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

ご不明な点はお気軽にお電話ください。

050-5434-8299

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)