現金出納帳のデータ化

現金出納帳の自動データ化は通帳やクレカ明細の場合とは異なり、勘定科目が記載されている場合があります。STREAMEDで同じ名称の科目が登録されている場合は、科目名も入力してデータ化することができます。詳細は3.データの確認をご覧ください。

現金出納帳のデータ化条件についてはこちらのページをご覧ください。

 

1. 現金出納帳の登録

ウェブ版にログインし、顧問先を選んで「データ一覧>現金出納帳」を開きます。

 

「出納帳登録」を押し、「出納帳名称」から入力してください。

必要事項を入力し、最後に「登録」を押せば出納帳の登録が完了です。

勘定科目はあらかじめ初期設定しておきます。(STREAMEDに登録のない科目が記載されている場合は、初回はここで設定した内容でデータ化します)

 

2. 現金出納帳の画像を取り込む

では、早速「STREAMEDアップローダー」で現金出納帳の画像を取り込みましょう。アップローダーで「取り込み > 現金出納帳」を押します。

 

先ほどウェブ版で登録した現金出納帳が表示されていることを確認してください。
あらかじめ出納帳を登録しておくと、この画面に出納帳名称が表示されます。

登録したはずなのに表示されていない場合は、一度アップローダーのホーム画面に戻り「同期」を押すと表示されるようになります。

アップロードする出納帳を選択してください。

 

「ファイルを選択」または「スキャン」を押して、画像を取り込みます。

画像の取り込みが完了したら「画像を確認する」を押してください。取り込みをした現金出納帳の画像が確認できます。「アップロード」を押すと自動データ化が開始されます。

※現在、現金出納帳のアップロードは1会計事務所毎に1営業日あたり100枚までに制限させていただいております。 

データの確認

 

3. データの確認

現金出納帳もアップロードしてから1営業日以内にデータ化が完了します。完了通知メールが届くので、ウェブ版にログインして「データ一覧>現金出納帳」の画面を開いてください。

アップロードされた画像に何らかの問題がありデータ化ができなかった場合、エラーメッセージが表示されます。データ一覧>現金出納帳の画面で必ずご確認ください。

現金出納帳の自動データ化は通帳やクレカ明細の場合とは異なり、
現金出納帳に勘定科目が記載されている場合があります。
STREAMEDで同じ名称の科目が登録されている場合は、科目名も入力してデータ化されます。

科目の設定についてはこちらをご覧ください。

もし科目が入力されていない場合は、名称が一致していない場合があります。
例)STREAMEDに登録の科目名:「売上高」 現金出納帳に記載の科目名:「売上」
といった場合、名称が一致していないので科目を入力することができません。

内容を編集し、次もその取引先について同じ内容の仕訳にしたい場合は「学習」を押してください。次からその内容が自動的に反映されるようになります。

既に自動データ化したものをまとめて編集したい場合は、以下のいずれかの方法で編集してください。

  • 仕訳データ一覧の左側にあるチェックボックスにチェックを入れると、上部に「編集」ボタンが出現します。
    この「編集」を押すと、チェックを入れた仕訳データをまとめて編集できます。
  • 学習した内容を手作業で反映することが可能です。該当の仕訳データの詳細画面を表示し、「適用」ボタンを押します。

 

4. 現金出納帳のデータ出力

仕訳の入力が完了したら、会計ソフトの形式に合わせてデータを出力してみましょう。

「出力 > 新規出力」を押し、「種別」のプルダウンから「現金出納帳」を選んでください。そうすると、現金出納帳のデータのみをCSV形式で出力できます。(領収書など他の仕訳と一緒に出力する場合は「種別」で「全て」を選んだ状態でCSVダウンロードしてください)

あとはお使いの会計ソフトのインポートして完了です。