勘定奉行への取り込み

STREAMEDからCSVデータを出力し、勘定奉行に取り込む手順をご説明します。

こちらを参考に、会計ソフト形式を選んでCSV出力してください。

 

「勘定奉行21」の取り込み手順

勘定奉行21を立ち上げ、「随時処理」>「汎用データ受入」と進みます。

勘定奉行で随時処理、汎用データ受入を選択する

「参照」ボタンを押して、ファイルを指定します。

勘定奉行でファイルを参照する

指定されたデータの内容が表示されますので、問題なければ「受入開始」ボタンを押します。

勘定奉行で受入開始をする

 

「勘定奉行i」の取り込み手順

勘定奉行iを立ち上げ、「随時処理」>「汎用データ受入」>「仕訳伝票データ受入」>「仕訳伝票データ受入」と進みます。

「受入ファイル設定」タブに切り替え、「OBC受入形式」となっているところを「勘定奉行21 汎用データ受入形式」に変更し、ファイルを指定して「受入開始」を押します。
※STREAMEDから出力されるCSVは「勘定奉行21」に対応しています。こちらの製品が現在はiシリーズに引き継がれていますので、ファイルの受入形式で上記のとおり指定していただければ、iシリーズでもインポートが可能です。

汎用データ受入形式を選択する

ご不明な点はお気軽にお電話ください03-6457-7340受付時間:10:00~19:00(土・日・祝を除きます)