勘定奉行への取り込み | STREAMED(ストリームド)

勘定奉行への取り込み

STREAMEDからCSVデータを出力し、勘定奉行に取り込む手順をご説明します。

こちらを参考に、会計ソフト形式を選んでCSV出力してください。

「勘定奉行21」の取り込み手順

STREAMED側での出力設定では「奉行21 汎用データ受入形式」を選択します。

勘定奉行21を立ち上げ「随時処理」>「汎用データ受入」と進みます。

勘定奉行で随時処理、汎用データ受入を選択する

「参照」ボタンを押して、ファイルを指定します。

勘定奉行でファイルを参照する

指定されたデータの内容が表示されますので、問題なければ「受入開始」ボタンを押します。

勘定奉行で受入開始をする

「勘定奉行i」の取り込み手順

STREAMED側での出力設定では「OBC受入形式」を選択します。

勘定奉行iを立ち上げ「随時処理」>「汎用データ受入」>「仕訳伝票データ受入」>「仕訳伝票データ受入」と進みます。

「受入ファイル設定」タブに切り替え「OBC受入形式」となっていることを確認し、ファイルを指定して「受入開始」を押します。

 

勘定奉行以外の会計ソフトへの連携方法は、会計ソフトに仕訳データを取り込むをご覧ください。

STREAMED(ストリームド)は、領収書・レシートや通帳をスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する「紙証憑の自動記帳サービス」です。

ご不明な点はお気軽にお電話ください。

050-5434-8299

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)