発展会計への取り込み | STREAMED(ストリームド)

発展会計への取り込み

STREAMEDからCSVデータを出力し、発展会計に取り込む手順をご説明します。

こちらを参考に、会計ソフト形式を選んでCSV出力してください。

発展会計を立ち上げます。

タブメニューから「初期導入期首残高」を選択します。

発展会計からインポートする手順

「仕訳データ取込」を選択します。

仕訳データ取込を選択する
データ形式が「標準形式」であることを確認したうえで取込ファイルを指定します。

ファイルを選択する

「実行」を押して、処理を開始します。

メッセージを確認する

発展会計以外の会計ソフトへの連携方法は、会計ソフトに仕訳データを取り込むをご覧ください。

STREAMED(ストリームド)は、領収書・レシートや通帳をスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する「紙証憑の自動記帳サービス」です。

ご不明な点はお気軽にお電話ください。

050-5434-8299

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)