弥生会計への取り込み | STREAMED(ストリームド)

弥生会計への取り込み

対象:ベーシックプラン、ライトプラン、会計事務所プラン

STREAMEDからCSVデータを出力し、会計ソフト 弥生会計に取り込む手順をご説明します。

 

こちらを参考に、会計ソフト形式を選んでCSV出力してください。

 

次に、弥生会計で「仕訳日記帳」を開き、メニューの「ファイル」から「インポート」を選択します。

弥生会計でインポートを選択する

 

選択形式を「すべてのファイル(*.*)」に変更し、STREAMEDから弥生会計の形式で出力したCSVファイルを選択します。

ファイルをすべてのファイルに変更する

 

仕訳の変換などの確認ダイアログがでたら設定をして完了です。

データを確認する

 

インポート時にエラーが出る場合

弥生会計はインポートの際にエラーがあると「不正な行が存在するため、インポートができません。インポートを中止します。」のメッセージが表示されます。
次に、「デスクトップにエラーログファイル「弥生会計インポートエラー.txt」を作成しました。」のメッセージが表示されますので「OK」を押します。
デスクトップを確認すると、エラーログファイル「弥生会計インポートエラー.txt」が保存されていますので、そちらを開いて詳しいエラー内容をご確認ください。

❶エラーが発生している行数が表示されます
❷エラーメッセージが表示されます
❸エラー行の仕訳内容が表示されます

 

ご質問の多いエラー「会計期間外の仕訳です。」が含まれる場合

インポートしようとした仕訳が会計期間外のようです。弥生会計側の事業年度設定や、STREAMED側の仕訳の日付を今一度ご確認のうえ再度インポートをお試しください。

その他のエラーの場合

エラーメッセージ(❷)については弥生会計の製品サポートページにて詳しく掲載されています。
https://support.yayoi-kk.co.jp/faq_Subcontents.html?page_id=18067

   

ご不明な点はお気軽にお電話ください050-5434-8299受付時間:10:00~18:00(土・日・祝を除きます)