A-SaaSへの取り込み | STREAMED(ストリームド)

A-SaaSへの取り込み

STREAMEDからCSVデータを出力し、会計ソフトに取り込む手順をご説明します。

こちらを参考に、会計ソフト形式を選んでCSV出力してください。

出力したCSVファイル名を「顧問先名_会計期_仕訳.csv」というルールに従って書き換えてください。

例えば、株式会社クラビスという会社の平成26年3月期のデータの場合「株式会社クラビス_平成26年3月期_仕訳.csv」というファイル名になります。

次に、A-SaaS側でインポートする手順をご説明します。A-SaaSを起動し「業務から選ぶ」を開き「30 会計データインポート」をクリックします。

A-SaaSを開いて会計データインポートを選択する

次に、顧問先を選択し「OK」を押してください。

顧問先を選択する

続いて、移行元メーカー名で「汎用フォーマット」を選択します。

汎用フォーマットを選択する

インポート画面の左側メニューにある「仕訳」を押し「参照」ボタンを押して、先ほど出力したCSVファイルを選び「会計データ反映画面へ」を押してください。確認ウインドウが出たら「OK」を押せばデータ取り込み完了です。

(なお、CSVファイル名に入力する「顧問先名」と「会計期」はこの画面に左上に表示されています)

ファイルを選択する

A-SaaS以外の会計ソフトへの連携方法は、会計ソフトに仕訳データを取り込むをご覧ください。

STREAMED(ストリームド)は、領収書・レシートや通帳をスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する「紙証憑の自動記帳サービス」です。

ご不明な点はお気軽にお電話ください。

050-5434-8299

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)