出力時の勘定科目エラー | STREAMED(ストリームド)

出力時の勘定科目エラー

仕訳で使用している勘定科目に問題があり出力できない場合には、エラーメッセージが表示されます。

例)・下記の勘定科目・補助科目が削除されているためダウンロードできません。
  ・下記の勘定科目・補助科目にコードが設定されていないためダウンロードできません。

出力時のエラー

下記の方法でエラーを解消してください。

1.「下記の勘定科目・補助科目が削除されているためダウンロードができません」と表示されている場合

原因

各種設定に初期で使用されている科目が、科目インポートにより削除されたためです。

特に、初期設定時の科目インポート時に「ファイルに存在しない勘定科目・補助科目は削除する」を選択して取り込みを行った場合に、意識せずに削除してしまう場合があります。

ファイルに存在しない勘定科目を削除する

この状態のままでアップロードをすると、赤字の状態でデータ化されてしまい出力ができません。

またデータ化後に科目インポートを行った場合は、仕訳に使われている科目が削除されます。(科目インポートのファイル内に、削除された科目と同じ科目があった場合でも、自動で置き換わらないため、赤字になります)

そのため、科目インポート後に各種設定や仕訳データが赤字になっている場合は、他の科目へ再設定する必要があります。

 

対応方法

各種設定と仕訳データの赤字になっている科目を修正してください。出力をお急ぎの場合は、取り急ぎ仕訳データを修正するとエラーが解消されます。(各種設定は次回以降のデータ化までにご修正ください)

①各種設定

  • 業種設定・データ化ルール:設定方法はこちらのヘルプページをご覧ください。
  • 学習:設定方法はこちらのヘルプページをご覧ください。
  • 口座設定:設定方法はこちらのヘルプページをご覧ください。

例:業種設定の画面

再設定のイメージ

 

②仕訳データ

リスト表示またはページ表示の状態で、仕訳データの赤字になっている勘定科目を別の科目へ変更してください。

同じ科目に変更したい場合は、下記画像のように候補が複数表示されますので、どちらかを選択して黒字になるよう編集します。

仕訳データの一覧画面を見ると削除された勘定科目が赤く表示されているので、ここを修正します。(黒字のままの場合は、以前の情報のまま表示されている可能性があります。一度ログアウトのうえ再ログインでご確認ください)

勘定科目で絞り込みをし、一括編集も可能です。詳しい方法はこちらをご覧ください。

科目の選択

 

2.「下記の勘定科目・補助科目にコードが設定されていないためダウンロードできません」と表示されている場合

勘定科目設定画面にて該当の科目を探し、コードを入力してください。科目をクリックすると編集画面が表示されます。詳しい操作方法はこちらをご覧ください。

科目コードの設定

勘定科目設定画面にてエラーが出ている科目が見つからない場合、科目のエクスポート機能を使い科目情報を出力すると、エクセル上で一覧が見れるため便利です。

科目のエクスポート機能についてはこちらをご覧ください。

 

topへ戻る

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシート、通帳などをスキャンするだけで、
AI-OCRとオペレーターが99.9%の精度でデータ化、1営業日以内に仕訳データを納品する会計事務所のための自動記帳サービスです。

ご不明な点はお気軽にお電話ください。

050-5434-8299

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝を除きます)