スマートフォンで領収書を撮影して自動データ化する

UPLOAD

カテゴリー:データ化

  • 個人事業主向け(プロプラン、プロプラン・ライト、フリープラン)
  • 会計事務所プラン(顧問先のお客様)

上記に当てはまる場合、STREAMEDのスマートフォンアプリで領収書を撮影し、自動でデータを作成することが出来ます。

appcamera-01

 

こちらからアプリをダウンロードしてください。

iPhone版 - ダウンロード
Android版 - ダウンロード

 

個人事業主向け(プロプラン、プロプラン・ライト、フリープラン)

まだSTREAMEDに登録していない方は新規登録を、既に登録されている方はアプリでログインしてください。

会計事務所プラン(顧問先のお客様)

会計事務所様より顧問先としてSTREAMEDに招待をされていないと、ご利用いただけません。
また、データ化が可能なのは「領収書」のみとなりますのでご注意ください。

顧問先のお客様を招待する

 

ここからは、ご登録や招待などの事前準備が完了した後の手順をご案内いたします。

アプリのホーム画面で「自動データ化」をタップするとカメラが起動するので、領収書を撮影してください。(画像はiPhone版です)

 

カメラの枠内に収まるように、ピントを合わせてシャッターを押してください。カメラの向きは縦でも横でも可能です。また、レシートも手書きの領収書もデータ化できます。

appcamera-02

 

自動データ化は1営業日以内に完了して、アプリで通知が届きます。

自動データ化後に「経費一覧」をタップして開くと、情報が登録されていることが確認できます。必要に応じて編集してください。

    appcamera-04

 

ヘルプセンターのトップに戻る